コンセプト

「東京報道新聞」は、世の中のニュースの深層に隠れた真相に迫る専門メディアです。

社会・政治、芸能、エンタメ、ビジネスなど幅広いカテゴリでの最新情報の発信や独自の取材によるコンテンツをお届けします。

世の中のニュースは一つの観点から見ればそれが正しく有益なものと感じられることもありますが、別の観点から見ればまた違った見え方をします。
東京報道新聞は、あらゆる観点で情報を届けることを通じて、情報の是非や活用を自分で考えるきっかけを読者の皆様に投げかけていきたいと思います。

昨今、インターネットやSNSの発達により、誰でも気軽に情報発信できる時代になりました。

おかげで情報がたくさんあって不自由はないものの、何が本当なのか、何が有益なのか、区別がつきにくい状況となり、情報の取捨選択は読者に委ねられています。

読者にとって、世の中で発信されている情報に対してあらゆる観点で情報を届けること。

そして、読者へ届ける情報を制作・発信する記者や取材班にとって、情報発信する志を体現できる場所であること。

志や熱意を持った情報発信を心がけることが、深層に隠れた真相に迫る情報をお届けできることにつながると強く信じています。

真相に迫っている!
シンプルでわかりやすい!
違った観点から物事が見えた!

世の中の読者にとって、東京報道新聞はそのような媒体であり続けます。

最近のおすすめ記事

  1. 「なぜ大事?子どもの読書習慣」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもにとって読書習慣を持つことはなぜ大事なのでしょうか?「本を読むと、どんないいことがあるのか」と…
  2. 「日本の「医療被ばく」の恐怖 レントゲンやCT検査の数は世界でダントツ」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    レントゲンやCT検査、透視検査など放射線を用いた検査は、病気の診断や治療に効果的ですが、過剰な被ばく…
  3. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…

過去よく見られている記事

  1. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る