カテゴリー:刑務所特集

  • 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務所飯」(ムショ飯)という形で、青森矯正展など日本各地の矯正展で「監獄カレー」などが人気になっています。「刑務所の中ではどんな食事を食べているのか?」などの疑問に答えるべく、令和の刑務所の食事(ムショ飯)について、青森刑務所で働く現役の管理栄養士さんにお話を伺いました。
  • 2023年12月9、10日に開催された全国矯正展の会場(東京国際フォーラム)の入口

    日本最大規模の刑務所イベント、全国矯正展とは?刑務作業を通じて届ける矯正行政の今

    2023年12月9日(土)・12月10日(日)の2日間にわたり、東京国際フォーラムにて「全国矯正展」が行われました。特別矯正監である俳優の杉良太郎さんをはじめ、落語家の桂才賀さんや芸人のコロッケさん、歌手のPaix²(ペペ)のメンバーである井勝めぐみさん、 北尾真奈美さん、タレントの山崎怜奈さんが矯正支援官として出席しました。当日の様子をイベントレポートとしてお伝えするとともに、矯正行政の今についても併せて紹介しています。
  • 2023年11月23日木に栃木県の喜連川社会復帰促進センターで開催された「令和5年度きつれがわ矯正展」

    刑務所の中まで見れるイベント「きつれがわ矯正展」とは?

    2023年11月23日(木)に開催された「令和5年度きつれがわ矯正展」。年に一度、喜連川社会復帰促進センター主催で開催される今回で12回目のイベントです。刑務所の見学ツアーや、刑務所食事体験(受刑者の食事を再現)、刑務所作業製品の展示・即売、性格検査、矯正広報コーナー、ちびっこ刑務官写真撮影、飲食コーナーなどがあり、ステージイベントでは、喜連川公方太鼓、きつれがわ幼稚園鼓笛隊、ストラミュージック、セブンダンスカンパニー、ガールズキュービー、RAMU及び雷都少女(ライトガール)が出演。4年ぶりの開催で、3,000人を超える来場者を迎えたイベントをレポートしました。
  • 2023年11月11日(土)、12日(日)に開催された関西矯正展の看板

    日本最大規模の刑務所イベント!関西矯正展とは?

    関西矯正展は年に一度、大阪矯正管区および大阪刑務所主催により開催される今回で34回目のイベントです。2023年は、11月11日(土)、12日(日)に開催。ゲストに漫才師の笑い飯さんやタレントの妹尾和夫さん、歌手の石崎旭さんなどを迎え、くまモンや地元の学生や住民たちがステージを盛り上げました。また、キッチンカーなどの飲食ブースの他に、刑務所内で出されるレシピでつくられた「監獄弁当」や「プリズンカレー」、コッペパンの販売、刑務所作業製品などの展示、販売、様々な体験コーナーなどもありました。地域住民に矯正行政の取り組みを紹介し、理解を促進することを目的としたイベントをレポートしました。
  • 2023年11月4日(土)に第51回横浜矯正展が開催された横浜刑務所の入り口

    『横浜刑務所で作ったパスタ』で大行列!刑務所見学もできる横浜矯正展とは?

    横浜矯正展は、横浜刑務所、横浜少年鑑別所、公益財団法人矯正協会刑務作業協力事業部主催で2023年11月4日(土)に開催されたイベントで、今回で51回目です。横浜刑務所は『横浜刑務所で作ったパスタ』という刑務所作業製品が有名。横浜矯正展では、人気の刑務所作業製品である家具やバッグ、パスタなど高品質な製品を手頃な価格で提供します。地域住民に矯正行政の取り組みを紹介し、その理解を深めることを目指している横浜矯正展をレポートしました。
  • 川越刑務所で開催された令和5年度(2023年度)の東京矯正管区技能競技大会の開会式

    技術力の高い受刑者が集結!技能競技大会 in 川越少年刑務所

    令和5年度(2023年度)10月25日、54回目の開催を迎えた東京矯正管区技能競技大会。健全な社会人としての社会復帰を目指して開催されています。今回は川越少年刑務所で開催され、水戸刑務所、喜連川社会復帰センター、前橋刑務所、千葉刑務所、市原刑務所、府中刑務所、横浜刑務所、新潟刑務所、甲府刑務所、長野刑務所、静岡刑務所、松本少年刑務所、東京拘置所、川越少年刑務所が参加。行われた8種目の競技(電気工事、家具指物、建築塗装、被覆アーク溶接、炭酸ガスアーク溶接、壁装、理容、タイピングについてレポートします。
  • 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目のイベント。”文化祭”という名称が付いていることもあってか、最近では関東地方の週末のイベント情報としても取り上げられ、遊びに行く先のひとつとして注目されています。地域の方々の理解と協力があって成り立つ刑務所のことを知るきっかけとして、関東地方最大規模の矯正展「府中刑務所文化祭」をレポートしました。
  • 横須賀刑務支所に建てられた第31回横須賀矯正展(2023年10月29日開催)の看板

    横須賀矯正展とは?刑務所内のブルースティックの生産工場も見学できる

    横須賀矯正展は年に一度、横須賀刑務支所により開催される刑務所イベントで、今回で31回目。横須賀刑務支所で製作されたブルースティックなど、刑務所内の作業により生産された高品質な製品を、手頃な価格で提供しています。さらに、地域住民による演奏やダンスなどのステージや地域に根差したお店の出店も行われています。地域住民に矯正行政の取り組みを紹介し、理解を促進することを目的としている「横須賀矯正展」をレポートしました。
  • 名古屋矯正管区および名古屋刑務所主催「第33回東海北陸・みよし矯正展」(2023年)の入り口

    刑務所のリアルに迫る「東海北陸・みよし矯正展」とは?地方発・社会復帰を支える刑務所イベントを紹介

    東海北陸・みよし矯正展とは年に一度、名古屋矯正管区および名古屋刑務所主催により開催される刑務所イベントで、今回で33回目。東海北陸地方の矯正展では最大規模で、トークショーには元ビーチバレー選手の浅尾美和さん、名古屋グランパスエイト・元サッカー選手の玉田圭司さん、NHK名古屋局のキャスター・ディレクターの加藤里奈さんをゲストに迎え、他にもアイドルや地元の皆さんのステージなどさまざまな催し物により、開催するたびに大盛況となっている「東海北陸・みよし矯正展」をレポートしました。
  • 九州矯正展|九州最大規模の刑務所イベント

    九州最大規模の九州矯正展とは?再犯防止に取り組む刑務所の実態

    九州矯正展とは、年に一度、福岡矯正管区、管内の主管刑事施設及び公益財団法人矯正協会刑務作業協力事業部が主催で開催されるイベントです。福岡アイランドシティフォーラムで4年ぶりに開催され、声優の杜野まこさんをトークショーに迎え、地元の子どもや学生たちのダンスや演奏などもあった第38回九州矯正展をレポートしました。

最近のおすすめ記事

  1. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 名古屋矯正管区および名古屋刑務所主催「第33回東海北陸・みよし矯正展」(2023年)の入り口

    2023-12-7

    刑務所のリアルに迫る「東海北陸・みよし矯正展」とは?地方発・社会復帰を支える刑務所イベントを紹介

    東海北陸・みよし矯正展とは年に一度、名古屋矯正管区および名古屋刑務所主催により開催される刑務所イベン…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る