Meta社が新型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」を発表 日本時間10月26日に発売予定

元FacebookのMeta社が、現地時間10月11日に「Meta Connect 2022」の基調講演にて、次世代型VRヘッドセット「Meta Quest Pro」を発表しました。発売予定日は日本時間10月26日で、価格はなんと22万6,800円。本日12日から事前予約が開始されます。

今回発表された新型のVRヘッドセットは、現時点における同社の最先端技術を採用したハイエンドモデルです。従来モデルの「Meta Quest 2」に比べ、大幅な進化を遂げています。

ヘッドセットには10個のVR/MRセンサーが搭載され、256GBのストレージと12GBのRAM、Qualcomm Snapdragon XR2+が採用。高いスペックが搭載された本機は、エンタメやレクリエーション用途だけでなく、ビジネスやクリエイティブ用途でも十分に活躍します。

本機はディスプレイとして、解像度が片目1,800×1,920の液晶パネルを搭載。解像度は従来モデルとほとんど変わりませんが、PPIは37%向上し、超高精細と高発色のディスプレイを実現しました。

また、今回の新型モデルはパンケーキ型レンズが採用されています。特許取得済みのパンケーキ型レンズと光学技術によって、従来モデルよりも筐体が40%以上薄くなっています。

そのほか、リアルタイムの表情トラッキングが搭載されている、マルチタスクに対応しているなどの魅力が備わっています。

販売価格22万6,800円に対して批判殺到

従来モデルと比較して全体的にパワーアップした「Meta Quest Pro」ですが、発表された販売価格22万6,800円という金額に対して批判が殺到しました。特に、エンタメやレクリエーション目的のユーザーからは厳しい意見が寄せられました。

  • 日本価格20万円超えは値段高すぎ
  • 買おうと思ってだけどなかなかお高い
  • この値段じゃ誰も買わない
  • めちゃ欲しいけど流石に高い
  • ちょっと手が届かない

上記のように、販売価格に不満を抱えているユーザーが多数います。従来モデルの「Meta Quest 2」が比較的安価であったため、今回発売される「Meta Quest Pro」が余計高く思えてしまいます。

また、本機とValve社が提供しているVRデバイス「VALVE INDEX」を比較するユーザーが多く、同じハイエンドモデルの「VALVE INDEX」の販売価格が約16万5,000円なので、双方の金額差に対するコメントが複数寄せられています。

とはいえ、発売後に「Meta Quest Pro」の評価が変わる可能性もあるので、今後の動向に注目したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  2. 5月6日、東京ドームにて井上尚弥選手(31歳、大橋ジム)がルイス・ネリ選手(29歳、メキシコ)を迎え…
  3. 花粉症が嫌われる理由は多くの人にとって明白ですが、意外な利点があることが最近の研究で明らかになってい…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る