サム・アルトマン氏がOpenAIのCEOに復帰 ブロックマン氏も復職予定

米OpenAIは米国時間11月21日午後10時過ぎ、サム・アルトマン氏がCEOに復帰することで基本合意したと発表しました。今回のサム・アルトマン氏の解任・復帰騒動は、テック業界全体に衝撃を与えました。

OpenAIは取締役会の体制も刷新し、ブレット・テイラー氏(セールスフォース元共同CEO)とローレンス・サマーズ氏(元米財務長官)が新たに加わります。アダム・ディアンジェロ氏(Quora CEO)は留任し、ブレット・テイラー氏が取締役会会長に就任することになりました。

サム・アルトマン氏と共に解任されたグレッグ・ブロックマン氏も復職する予定です。グレッグ・ブロックマン氏は「オープンAIに戻り、今夜からコーディングを始める」とX(旧:Twitter)に投稿しましたが、具体的な役職は明らかにされていません。

米Microsoftのサティア・ナデラCEOも「取締役会の変更に勇気付けられている。十分な情報に基づいた効果的なガバナンスへの最初の重要なステップだと信じている」とXでコメントしました。

ネット上では、「まずは順当にまとまってよかった」「MSからサム・アルトマンと他の従業員を受け入れるという話が出た時点で勝負が決まった」「社員から強く望まれて復帰するのは格好いいね」などの意見が寄せられています。

OpenAIの社員700人以上がアルトマン氏の復帰を望む

11月17日、OpenAIはサム・アルトマン氏の解任を発表しました。取締役会の検討を経て決定したと同社は述べ、声明で「アルトマン氏は取締役とのコミュニケーションにおいて一貫して率直さを欠き、取締役の責任を果たす能力に支障を来しているとの結論に至った」と述べています。

グレッグ・ブロックマン氏も取締役会長を退任し、CEO直属の役職に就くことが発表されましたが、その後Xで退社を表明しました。その後、19日深夜にMicrosoftのサティア・ナデラCEOがXに、サム・アルトマン氏とグレッグ・ブロックマン氏をMicrosoftに迎え入れることを投稿しました。新設されるAI研究チームのリーダーになるとのことでした。

また、OpenAIの社員約770人のうち700人以上が、サム・アルトマン氏が復帰しなければ退社してMicrosoftに移る可能性があると表明。結果として、サム・アルトマン氏はOpenAIのCEOに復帰する流れとなりました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 6月の東京都区部の消費者物価指数(コアCPI)が前年同月比2.1%上昇し、日本銀行の目標とする2%台…
  2. 東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏が圧倒的な支持を得て、3期目の当選を果たしました。自民・公明支持…
  3. フィンランドの知能テスト機関「Wiqtcom(ウィクトコム)」が発表した「2024年版 世界で最も知…

おすすめ記事

  1. 2024-2-27

    草津町の元女性町議が性被害をでっち上げ 支援していた一般社団法人が謝罪と訂正

    2019年11月、群馬県の著名な温泉地、草津町が世界的な注目を浴びる出来事がありました。そのきっかけ…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る