サム・アルトマン氏がOpenAIのCEOに復帰 ブロックマン氏も復職予定

米OpenAIは米国時間11月21日午後10時過ぎ、サム・アルトマン氏がCEOに復帰することで基本合意したと発表しました。今回のサム・アルトマン氏の解任・復帰騒動は、テック業界全体に衝撃を与えました。

OpenAIは取締役会の体制も刷新し、ブレット・テイラー氏(セールスフォース元共同CEO)とローレンス・サマーズ氏(元米財務長官)が新たに加わります。アダム・ディアンジェロ氏(Quora CEO)は留任し、ブレット・テイラー氏が取締役会会長に就任することになりました。

サム・アルトマン氏と共に解任されたグレッグ・ブロックマン氏も復職する予定です。グレッグ・ブロックマン氏は「オープンAIに戻り、今夜からコーディングを始める」とX(旧:Twitter)に投稿しましたが、具体的な役職は明らかにされていません。

米Microsoftのサティア・ナデラCEOも「取締役会の変更に勇気付けられている。十分な情報に基づいた効果的なガバナンスへの最初の重要なステップだと信じている」とXでコメントしました。

ネット上では、「まずは順当にまとまってよかった」「MSからサム・アルトマンと他の従業員を受け入れるという話が出た時点で勝負が決まった」「社員から強く望まれて復帰するのは格好いいね」などの意見が寄せられています。

OpenAIの社員700人以上がアルトマン氏の復帰を望む

11月17日、OpenAIはサム・アルトマン氏の解任を発表しました。取締役会の検討を経て決定したと同社は述べ、声明で「アルトマン氏は取締役とのコミュニケーションにおいて一貫して率直さを欠き、取締役の責任を果たす能力に支障を来しているとの結論に至った」と述べています。

グレッグ・ブロックマン氏も取締役会長を退任し、CEO直属の役職に就くことが発表されましたが、その後Xで退社を表明しました。その後、19日深夜にMicrosoftのサティア・ナデラCEOがXに、サム・アルトマン氏とグレッグ・ブロックマン氏をMicrosoftに迎え入れることを投稿しました。新設されるAI研究チームのリーダーになるとのことでした。

また、OpenAIの社員約770人のうち700人以上が、サム・アルトマン氏が復帰しなければ退社してMicrosoftに移る可能性があると表明。結果として、サム・アルトマン氏はOpenAIのCEOに復帰する流れとなりました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 2023年の日本の名目国内総生産(GDP)が591兆4,820億円、ドル換算で4兆2,106億ドルに…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「文学界のニューフェイス、生成AI」(ライタ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIは地方をどう変えるのか」(ライター:ケ…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  3. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る