イスラエルとハマスが人質50人の開放と引き換えに4日間の戦闘休止に合意

イスラエルとハマスは22日、イスラエル人の人質50人の解放と引き換えに4日間の戦闘休止に合意しました。この合意の発表は両当局などから行われ、イスラエルはパレスチナ人受刑者150人を解放する予定です。人質の解放は、早ければ現地時間の23日朝から始まる見込みです。

この交渉はイスラエルと事実上の同盟国であるアメリカと、ハマスと繋がりを持つカタールが仲介役として進められました。ハマスは10月7日に、イスラエルから約240人をガザに連れ去ったと報じられています。

ハマス側は民間人の女性や子ども(19歳未満)を各日10人程度、戦闘休止の4日間で計50人を解放する予定です。戦闘休止の期間は延長される可能性があり、1日延長されるごとに追加で10人が解放されることになります。人質はガザとエジプトの国境にある「ラファ検問所」で引き渡される予定です。

戦闘休止中はガザ地区全土で軍事行動が停止されます。ガザ地区北部では、各日午前10時から午後4時までの6時間、南部では終日、上空での活動も停止となります。期間中、イスラエル軍はガザでの拘束を行わず、「サラハディン通り」で南への避難者の安全を確保します。

さらに人道支援物資の搬入が拡大され、その物資には燃料や医療機器も含まれることになります。

バイデン政権高官が「50人の解放は第1段階」と説明

米国のバイデン政権の高官によると、イスラエルとハマス間の人質解放交渉が最終段階にあることが明らかになりました。交渉により、ハマスは女性と子どもを含む少なくとも50人の人質を解放する方向で調整しています。

この50人の解放は「第1段階」と位置付けられており、さらなる人質解放が行われれば戦闘休止日数が延長される可能性があります。高官は「戦闘の休止によって人道支援のための物資の搬入が大幅に増えることを望んでいる」とコメントしました。

一方、イスラエル側もパレスチナの囚人を釈放する予定ですが、詳細についてはイスラエル政府が発表すべきだとして、具体的な言及は避けられました。この交渉の成果は、両者間の緊張状態の緩和に大きく寄与することが期待されます。

この件についてネット上では、「とりあえず一時的にでも休止になってよかったという気持ちと、この休止後はさらに熾烈な攻撃が待っているのではないかと思う」「これを機に国連も協力してしっかりと避難民をスクリーニングして安全を確保できるようにすべき」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…
  2. 「日本の「医療被ばく」の恐怖 レントゲンやCT検査の数は世界でダントツ」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    レントゲンやCT検査、透視検査など放射線を用いた検査は、病気の診断や治療に効果的ですが、過剰な被ばく…
  3. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…

過去よく見られている記事

  1. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る