世界初ブタの腎臓移植を受けた患者が死亡 手術から約2ヶ月 原因は移植以外か

遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりました。この手術は3月16日にマサチューセッツ総合病院で行われ、5月11日に病院が彼の死についての声明を発表しました。

声明では、リチャード・スレイマン氏の死因はブタの腎臓移植によるものではないことが明言されました。腎臓は米国で最も需要が高く、約90,000人が腎臓の提供を待っています。研究者たちは長年、動物の臓器を用いた移植の可能性を探ってきました。

リチャード・スレイマン氏は人工透析による合併症に苦しんでいました。透析は腎臓が機能しない場合に機械で血液を浄化する方法ですが、リチャード・スレイマン氏は血管の凝固により何度も問題を抱えていたとされます。

これまでブタの腎臓移植は亡くなったばかりの人に対してのみ行われていましたが、リチャード・スレイマン氏は生存中にこの手術を受けた初めての人物でした。「自分を助けるだけでなく、生き残るために移植を必要とする多くの人々に希望を与える方法だと考えたのです」と3月の声明で述べています。

リチャード・スレイマン氏の死は、ブタの腎臓移植技術がまだ発展途上にあることを示していますが、この試みは臓器提供の新しい可能性を開く重要な一歩となるでしょう。

異種移植の最大の課題は「ヒトの免疫システム」 

手術直後からリチャード・スレイマン氏の腎臓は正常に機能し始めましたが、1週間後に医療チームが拒絶反応の兆候を発見しました。迅速な治療のおかげで順調に回復し、無事に退院しましたが、その後の状態については明らかにされていません。

4月にはリサ・ピサーノ氏(54)が、ニューヨーク大学ランゴン医療センターで同様の遺伝子改変ブタの腎臓移植手術を受けました。さらに、拒絶反応を防ぐためにブタの胸腺も移植されています。

異種移植の最大の課題は、ヒトの免疫システムが動物の組織を異物として認識し、拒絶反応を引き起こすことです。科学者たちはこの問題に対処するために遺伝子工学を用いています。移植を受けた患者は、拒絶反応を軽減するために生涯にわたり免疫抑制剤を服用する必要があります。

2022年と2023年には、メリーランド大学の外科医が遺伝子改変されたブタの心臓を移植する手術を試みましたが、両方の患者とも手術後約2ヶ月で亡くなりました。リチャード・スレイマン氏の家族は、「彼の功績は世界中の患者や研究者、医療専門家にインスピレーションを与えるものになるでしょう」と述べ、今回の移植が他の患者に希望を与えることに期待を寄せています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  2. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  3. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る