FRB、政策金利を7会合連続で据え置き 利下げ回数は3回から1回へ

米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、政策金利を5.25~5.5%に据え置くことを決定しました。これで7会合連続の据え置きとなります。年内の利下げ回数についても、従来の「3回」から「1回のみ」に下方修正しました。

物価上昇(インフレ)の長期化が想定を上回ったことで、FRBの早期利下げシナリオに狂いが生じています。パウエルFRB議長は記者会見で、「インフレ率が持続的に2%へ向かっているとの確信を強めるには、さらに良いデータを見る必要がある」と述べ、利下げには慎重な姿勢を示しました。

FRBの最新の経済見通しでは、年末の政策金利は5.1%であり、現在の水準から0.25%の利下げを行うとすれば、年内は1回のみとなる計算です。3月時点では年末の政策金利を4.6%で、年内3回の利下げを見込んでいましたが、ペースは大幅に鈍化しそうです。

市場では最速で9月との見方が優勢ですが、年内の利下げは不可能との悲観論も出ています。FRBの慎重姿勢が、世界経済に与える影響が注目されます。

ネット上では、「選挙前に一回だろうな」「先に経済が壊れそう」「あくまで見通しだからわからない」などの意見が寄せられています。

2023年に高金利の打ち止めを発表 利下げ開始の見通し立たず

FRBは2023年12月、22年ぶりの高金利に終止符を打ち、2024年中に3回の利下げを示唆しました。しかし、半年が経過した現在も、利下げ開始の見通しは立っていません。

その背景にあるのが、長引くインフレです。12日発表の5月の米消費者物価指数(CPI)は、前年同月比3.3%上昇しています。2ヶ月連続で前月を下回っていますが、FRBの目標である2%にはまだ及んでいません。

当初、多くのアナリストは金利引き上げの影響で2024年に米経済が減速すると予測していました。ところが実際は、個人消費が好調で、1~3月期まで7四半期連続のプラス成長を記録するなど、経済は非常に好調です。

インフレ率は2022年6月のピーク時(9.1%)から低下しているものの、目標の2%台まであと一歩というところで足踏み状態が続いています。FRBの利下げが遅れれば、ドル高金利が長期化することになります。

欧州中央銀行やカナダ銀行などは、既にインフレ率の低下を受けて利下げに転じており、外国為替市場では「ドル独歩高」の展開が予想されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏vs暇空茜
    2024年7月18日14時30分から、原告である一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏と、被告の暇…
  2. テーマパーク運営のオリエンタルランド(OLC)が、新たな事業の柱としてクルーズ事業に参入します。同社…
  3. 「コロナ禍で病床数逼迫 日本の「医療資源」について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    コロナ禍において、日本の医療体制に対する様々な議論が交わされるようになりました。その中でテレビや新聞…

おすすめ記事

  1. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る