LINEやヤフーなどが合併して「LINEヤフー株式会社」が誕生 アカウント連携開始

Zホールディングス、LINE、ヤフー、Z Entertainment、Zデータの5社が集結し、「LINEヤフー株式会社」としての業務を10月1日からスタートさせました。2023年2月にこれらの企業が合併を発表し、4月には新しい社名が公開されました。再編の手続きは、Zホールディングスが中心となり進めてきました。

Yahoo! JAPANの月間ログインユーザー数は5,430万で、LINEの月間アクティブユーザー数は1億9,900万に達しています。さらにLINEヤフーの合計サービス利用者数、これにPayPay登録ユーザー数やZOZOTOWNの年間購入者数を含めると、3億2,000万を超える数字となります。現在、このサービスは約230の国・地域で展開されています。

新代表取締役社長CEOには、LINEを長きにわたりリードしてきた出澤剛氏が選ばれました。出澤剛氏は「ひとりひとりのユーザーに寄り添いながら、便利なサービスと驚きの瞬間を届け続けます」と述べ、続けて「さまざまな課題を解決することで、世の中をより良い方向へと変えていくお手伝いをしたいと考えています」と熱意を示しました。

LINEヤフー株式会社の誕生に伴い、エンジニアに向けた情報発信のプラットフォームとして知られる「LINE Engineering Blog」や「Yahoo! JAPAN Tech Blog」も、新たに「LINEヤフー Tech Blog」としてリニューアルされます。

10月4日からLINEとYahoo! JAPANのアカウント連携が開始

LINEヤフー株式会社は10月3日、LINEとYahoo! JAPANのアカウント連携を10月4日より順次開始すると発表しました。連携したユーザーは、LINEとYahoo! JAPANのサービス間でデータを効率よく連携できるようになります。

具体的な利点として、Yahoo! JAPANの「Yahoo!カレンダー」に入力した予定を、LINEの友人と簡単に共有できるようになる点が挙げられます。さらに限定のLINEスタンプのダウンロードや、Yahoo!ショッピングでの購入をPayPayで決済すると毎日5%のポイントが貯まるなどの特典も。

ユーザーは興味や関心に基づいた情報を通知として受け取れるだけでなく、各アカウントの情報を一括で管理することも可能になります。また、PayPayとの連携やさまざまなキャンペーンも今後予定されているとのことです。

LINEヤフー株式会社の代表取締役会長である川邊健太郎氏は、自身のX(旧:Twitter)で「全てユーザー、株主、取引先、社員・関係者の皆様に御礼を申し上げます。27年間、本当にありがとうございました」と、ヤフー株式会社に対する思いを述べました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 大手コンビニチェーンのローソンは国内の業績が好調で、大幅な増収増益となり、営業収益と最終利益でファミ…
  2. 国立がん研究センターが28日、教育と健康の関連性に関する驚きの研究結果を発表しました。この研究では、…
  3. 「「金融教育」生きるために子どもにこそ必要な教育」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    諸外国と比較して日本の金融教育は、大きく遅れていると言わざるを得ない状況にあります。今回は、日本の資…

おすすめ記事

  1. 「発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-24

    発達障害の子どもたち 私立の小・中学校は適応できるのか?

    発達障害は脳機能の発達の遅れと考えられ、マイペース、独特、天然などは脳の個性と考えられています。子ど…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る