日本の無人探査機「スリム(SLIM)」が月面に着陸 世界で5ヶ国目の快挙

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、無人探査機の「スリム(SLIM)」が月面に着陸したと発表しました。この快挙により、日本は月面着陸を果たした世界で5番目の国となりました。

目標地点から100メートル以内に着陸するという主要ミッションについて、国中均理事は「個人的な感触としては、ほぼできたと考えている」と述べています。着陸後、スリムは通信を正常に確立できていましたが、太陽電池による発電はできていなかったとのことです。

発電ができていなかったことから、バッテリーが動作する数時間で可能な限りの探査データを収集。太陽の当たる角度が変われば、再び太陽電池が作動する可能性があるとのことです。

スリムの「ピンポイント着陸」の成否が判明するのには約1ヶ月を要します。この探査機は、ピンポイント着陸技術と小型探査機システムの開発を目的としており、国中均理事は「予定通りのコースを描いていたことから、個人的にはピンポイントランディングが実証できたというふうに考えている」とコメントしました。

約4ヶ月間の飛行を経て月面へ着陸|ピンポイント着陸技術成功の鍵

2023年9月に種子島宇宙センターから打ち上げられたスリムは、約4ヶ月間の月への飛行を経て月面への着陸を果たしました。ピンポイント着陸技術が実現すれば、これまで降りられなかった月面の地形にも着陸可能になると考えられています。

月の北極・南極には資源が存在する可能性があり、ピンポイント着陸技術が将来的に重要になるとJAXAは考えています。この技術が成功すれば、日本の宇宙開発力を世界に示す機会になると期待されています。

米レスター大学のブレディン・ボウエン准教授は、「より多くの国々がこれまで以上に月に関心を寄せる中、日本が時代に対応できることを示すことになる」とコメント。また、「(米国主導の)国際月探査『アルテミス計画』でも、日本が信頼できるパートナーだと示すことになる」と指摘しています。

ピンポイント着陸技術の成功には、特殊な航法カメラによって月面を撮影し、目印となるクレーターを認識すること、そして着陸時の衝撃を和らげるための着陸方法を確立することの2つが鍵となります。JAXAは航法カメラによる着陸技術の成功を確信していますが、着陸方法の確立についてはまだ分析中を続けています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIはわたしたちに何をもたらしたのか?」(…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…

過去よく見られている記事

  1. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…
  2. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る