日本の無人探査機「スリム(SLIM)」が月面に着陸 世界で5ヶ国目の快挙

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は20日、無人探査機の「スリム(SLIM)」が月面に着陸したと発表しました。この快挙により、日本は月面着陸を果たした世界で5番目の国となりました。

目標地点から100メートル以内に着陸するという主要ミッションについて、国中均理事は「個人的な感触としては、ほぼできたと考えている」と述べています。着陸後、スリムは通信を正常に確立できていましたが、太陽電池による発電はできていなかったとのことです。

発電ができていなかったことから、バッテリーが動作する数時間で可能な限りの探査データを収集。太陽の当たる角度が変われば、再び太陽電池が作動する可能性があるとのことです。

スリムの「ピンポイント着陸」の成否が判明するのには約1ヶ月を要します。この探査機は、ピンポイント着陸技術と小型探査機システムの開発を目的としており、国中均理事は「予定通りのコースを描いていたことから、個人的にはピンポイントランディングが実証できたというふうに考えている」とコメントしました。

約4ヶ月間の飛行を経て月面へ着陸|ピンポイント着陸技術成功の鍵

2023年9月に種子島宇宙センターから打ち上げられたスリムは、約4ヶ月間の月への飛行を経て月面への着陸を果たしました。ピンポイント着陸技術が実現すれば、これまで降りられなかった月面の地形にも着陸可能になると考えられています。

月の北極・南極には資源が存在する可能性があり、ピンポイント着陸技術が将来的に重要になるとJAXAは考えています。この技術が成功すれば、日本の宇宙開発力を世界に示す機会になると期待されています。

米レスター大学のブレディン・ボウエン准教授は、「より多くの国々がこれまで以上に月に関心を寄せる中、日本が時代に対応できることを示すことになる」とコメント。また、「(米国主導の)国際月探査『アルテミス計画』でも、日本が信頼できるパートナーだと示すことになる」と指摘しています。

ピンポイント着陸技術の成功には、特殊な航法カメラによって月面を撮影し、目印となるクレーターを認識すること、そして着陸時の衝撃を和らげるための着陸方法を確立することの2つが鍵となります。JAXAは航法カメラによる着陸技術の成功を確信していますが、着陸方法の確立についてはまだ分析中を続けています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…
  2. IT大手の米Appleが時価総額で再び世界トップに返り咲きました。13日の取引でApple株価は0.…
  3. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  3. 2024-5-15

    大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

    2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る