国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の声優TARAKO氏が急死 63歳

日本アニメ界は3月8日、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の主人公であるまる子の声を長年担当してきた、声優のTARAKO氏(本名非公開)が63歳で急逝したという悲報に包まれました。現在、死因は明らかになっていません。

その訃報は遺族からフジテレビと所属事務所へ伝えられ、葬儀は家族葬で執り行われるとのことです。フジテレビ関係者によると、TARAKO氏は近年体調を崩しており、それでもアフレコに参加していたと言います。「とにかく突然のことで、何があったのか…」と述べています。

TARAKO氏は3月22日に公開となるアニメ映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』にも出演しており、「ここまできたら根性決めます!私命をかけて演じますね」と力強いコメントを残していました。

ネット上では、「子供の頃から親しんできた作品を作り上げてきた人たちが、立て続けに亡くなってしまうなんて」「小学生の時にりぼんを毎月購入し読むのが何よりの楽しみだった」「本当に残念です」などのコメントが寄せられています。

1981年にアニメ『うる星やつら』でデビュー 演劇や音楽でも才能を発揮

TARAKO氏の芸名は、学生時代に『サザエさん』のタラちゃんを彷彿とさせる話し方から、友人によって名付けられたと言われています。1981年にアニメ『うる星やつら』でデビューし、声優活動だけでなく、演劇や音楽の分野でも才能を発揮しました。

特に、『ちびまる子ちゃん』への抜擢は彼女のキャリアにおいて転機となりました。まる子役は初め別の声優が予定されていましたが、原作者さくらももこ氏が再オーディションを実施し、TARAKO氏の声が自分の声に似ているとして彼女を選出しました。

生前のインタビューでは「死生観」について率直に語っており、「死は怖くなくなった。天国に行けば、両親や、愛犬、愛猫に会える。天使になった友人たちにも会える」という信念を持っていました。自身の葬儀についても、「喪服は着ないで。普段会う時のような服で」と要望しています。

また、さくらももこ氏が亡くなった際には「私がそっちにいったら似たような声でいっぱいいっぱいおしゃべりしてくださいね」と想いを綴っています。このメッセージは、2人が再び天国で会話を楽しむことを願う心温まるものでした。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…
  2. LINEヤフーはLINE利用者の大規模な情報漏えい問題を受けて、原因とされる韓国企業ネイバーとの業務…
  3. JR東海は「リニア中央新幹線」の2027年の開業目標を公式に断念しました。会社では静岡の工事に約10…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  2. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る