国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の声優TARAKO氏が急死 63歳

日本アニメ界は3月8日、国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』の主人公であるまる子の声を長年担当してきた、声優のTARAKO氏(本名非公開)が63歳で急逝したという悲報に包まれました。現在、死因は明らかになっていません。

その訃報は遺族からフジテレビと所属事務所へ伝えられ、葬儀は家族葬で執り行われるとのことです。フジテレビ関係者によると、TARAKO氏は近年体調を崩しており、それでもアフレコに参加していたと言います。「とにかく突然のことで、何があったのか…」と述べています。

TARAKO氏は3月22日に公開となるアニメ映画『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』にも出演しており、「ここまできたら根性決めます!私命をかけて演じますね」と力強いコメントを残していました。

ネット上では、「子供の頃から親しんできた作品を作り上げてきた人たちが、立て続けに亡くなってしまうなんて」「小学生の時にりぼんを毎月購入し読むのが何よりの楽しみだった」「本当に残念です」などのコメントが寄せられています。

1981年にアニメ『うる星やつら』でデビュー 演劇や音楽でも才能を発揮

TARAKO氏の芸名は、学生時代に『サザエさん』のタラちゃんを彷彿とさせる話し方から、友人によって名付けられたと言われています。1981年にアニメ『うる星やつら』でデビューし、声優活動だけでなく、演劇や音楽の分野でも才能を発揮しました。

特に、『ちびまる子ちゃん』への抜擢は彼女のキャリアにおいて転機となりました。まる子役は初め別の声優が予定されていましたが、原作者さくらももこ氏が再オーディションを実施し、TARAKO氏の声が自分の声に似ているとして彼女を選出しました。

生前のインタビューでは「死生観」について率直に語っており、「死は怖くなくなった。天国に行けば、両親や、愛犬、愛猫に会える。天使になった友人たちにも会える」という信念を持っていました。自身の葬儀についても、「喪服は着ないで。普段会う時のような服で」と要望しています。

また、さくらももこ氏が亡くなった際には「私がそっちにいったら似たような声でいっぱいいっぱいおしゃべりしてくださいね」と想いを綴っています。このメッセージは、2人が再び天国で会話を楽しむことを願う心温まるものでした。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月1日、国産の新型主力ロケット「H3」3号機…
  2. 6月の東京都区部の消費者物価指数(コアCPI)が前年同月比2.1%上昇し、日本銀行の目標とする2%台…
  3. 13日、ドナルド・トランプ前大統領が選挙集会の演説中に銃撃され、右耳に怪我を負いました。連邦捜査局(…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  3. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る