漫画家の鳥山明氏が死去 68歳、急性硬膜下血腫 『ドラゴンボール』『Dr.スランプ』など

3月1日、漫画家の鳥山明氏が68歳で急性硬膜下血腫によりこの世を去りました。世界中のファンと関係者にとって突然の悲報であり、深い悲しみが広がっています。葬儀は近親者のみで行われたとのことです。

鳥山明氏は『ドラゴンボール』や『Dr.スランプ』など、数々の名作を世に送り出し、その創作活動は45年以上に及びました。彼の作品は国境を越え、世代を超えて愛され続けています。漫画家としてだけに留まらず、『ドラゴンクエストシリーズ』のキャラクターデザインを手掛けるなど、ゲームデザイナーとしてもその才能を発揮しました。

また、2023年8月には『SAND LAND』がアニメ映画化されたほか、2024年秋には完全新作アニメ『ドラゴンボールDAIMA』のスタートも予定されています。鳥山明氏の創造力は尽きることがありませんでした。

週刊少年ジャンプなどの編集部は公式サイトで、「突然の訃報に、集英社・編集部一同大きな悲しみに包まれております」と述べ、「先生の偉大なご功績を讃え、感謝の意を表するとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます」とコメントしました。

株式会社バード・スタジオと株式会社カプセルコーポレーション・トーキョーは、「熱心に取り掛かっていた仕事もたくさんあり、まだまだ成し遂げたいこともあったはずで、残念でなりません」とした上で、「生前のご厚誼に深く感謝し、ここに謹んでお知らせいたします」と綴っています。

多くの関係者が鳥山明氏に対して想いを綴る

鳥山明氏の訃報に対し、多くの関係者がその想いを綴っています。『ドラゴンクエスト』ゲームデザイナーの堀井雄二氏は、「ドラゴンクエストの歴史は、鳥山さんのキャラデザインとともにありました。鳥山さん、故すぎやま先生は、ドラゴンクエストを長きに渡って作ってきた仲間でした。亡くなってしまうなんて‥‥。これ以上、なんて言えばいいのか言葉になりません。本当に、本当に、残念です」と表現しました。

鳥山明氏に深く関わっていた漫画家の尾田栄一郎氏も、「あまりに早すぎます。空いた穴があまりに大きすぎます。もう二度と会えないと思うと、悲しみが押し寄せてきます」と述べています。

鳥山明氏の歩みは、1978年に『週刊少年ジャンプ』でデビューしたことに始まります。その後、彼の作品は多くの人々に夢と希望を与え続けました。ネット上では「俺の人生の大半はドラゴンボールだったなぁ」「ただショックです」「長い間ありがとうございました」などのコメントが寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. OpenAIは現地時間3月29日、人の声を再現できる画期的な生成AIモデル「Voice Engine…
  2. 国立がん研究センターが28日、教育と健康の関連性に関する驚きの研究結果を発表しました。この研究では、…
  3. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  3. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る