家具大手の「ニトリ」がアメリカ事業から撤退 赤字拡大によるものか

2013年、家具大手の「ニトリホールディングス」はアメリカに1号店を出店し、2017年には5店舗を展開しています。しかし、2023年度をめどにアメリカでの事業から撤退することを発表しました。アメリカに現在展開している2店舗を、2023年4月までに閉店する見通しです。

アメリカ事業撤退の理由についてニトリは、「現在の経済状況下での収益性改善が難しく、今後、有望な市場と捉える東アジア・東南アジア地域への資金・人材の再配置するため」と述べています。

なお、アメリカへの事業進出については、当初から苦戦を強いられていた様子で、事業の立て直しも叶わなかったために、今回の事業撤退に至っています。

ニトリのアメリカ進出はうまくいっていなかった

インテリア小売業大手のニトリは、「アキホーム(Aki-Home)」というブランド名でアメリカに進出しました。ディストリクト・アット・タスティン・レガシーSCのアキホームは840坪、アメリッジ・ハイツ・タウンセンターSCのアキホーム・フルトン店は560坪、という広い敷地で店舗を展開しています。

進出した当時は、アメリカ国内に1,000店舗展開を目標としており、実際に数年おきに新規店舗をオープンしていました。しかし、6店舗目のアキホームを展開したところで、トーレンス店、フルトン店、チノ店、フォンタナ店の4店舗を閉店。

アキホームの閉店理由は明らかになっていませんが、集客に苦労していたことや値引き販売を繰り返していたことから、赤字拡大が原因だと予想されています。

日本でのニトリの経営実績

ニトリホールディングスは3月31日、2022年2月期本決算を発表しました。「売上高8,115億円、営業利益1,382億円」という結果で、35期連続増収増益を達成しています。

ニトリホールディングス代表取締役会長の似鳥昭雄氏は、「今回の決算で上場後でも32期連続増収増益ウォルマートに並んで世界一になった」と決算会見で述べました。

この結果だけを見ると、日本でのニトリの経営は好調のように思えますが、2021年度末の計画値では「売上高8,736億円、営業利益1,439億円」としていたため、業績は未達に終わっています。未達に終わった原因としては、原価高が利益を圧迫しており、利益を出しにくくなっているためだと予想されています。

そして、2023年決算では決算期を従来の2月から3月に切り替え、1ヶ月分の売上が上乗せされた状態で、今期予想は「売上高9,636億円、営業利益1,506億円」という見通しです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…
  2. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  3. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る