ローソンがファミリーマートを上回る 営業収益1兆879億円で過去最高を更新

大手コンビニチェーンのローソンは国内の業績が好調で、大幅な増収増益となり、営業収益と最終利益でファミリーマートを抜き去りました。営業収益は前年比8.8%増の1兆879億円、最終利益は75.5%増の521億円と、いずれも過去最高を更新しました。

特に中国市場での消費回復が、海外事業の増益に大きく貢献したとのことです。ローソンの社長である竹増貞信氏は、技術革新に積極的な姿勢を見せています。

「例えば、各地の嗜好に合わせて、あるいは当日の気温や湿度に合わせて、ロボティクスでそういう情報を全部吸収した上で、本当に今日、今一番美味しいお料理をお客様に提供できないだろうか」とコメントし、続けて「陳列ロボットが画像認証で賞味期限を見極めて、棚をから下ろさないといけない商品も自動でどんどん下ろしていく、こういったシステムになったらどうだろうか」と述べました。

来年6月には50周年を迎え、リアル店舗とテクノロジーを掛け合わせた「未来のコンビニ」のモデル店舗を公開する予定です。

一方、ファミリーマートも業績は良好で、営業収益は前年比10%増の5,078億円に達し、最終利益は50.9%増の518億円でした。しかし、ファミリーマートの社長である細見研介氏は、「マイナス金利の解除と継続するインフレが消費を冷やす懸念がある」と慎重な見解を示しています。

また、「原材料の高騰が進んでいるので、値上げというものはやらざるを得ない局面がこれからも続く」と述べており、「価格以上の価値を伴った商品開発をしていく」と今後の戦略について語りました。

コンビニ業界の大手3社が過去最高の営業利益を更新

コンビニ業界の大手3社、セブン&アイ・ホールディングス、ローソン、ファミリーマートは、今年2月までの1年間でそれぞれ過去最高の営業利益を記録しました。この業績の背景には、訪日外国人の数が回復し、新型コロナウイルスの5類移行によるイベント需要の増加があります。

また、猛暑の影響で飲料の販売が好調だったことも追い風となりました。さらに、各社の1店舗あたりの平均売上高も過去最高を更新しています。

セブン-イレブンは69万1,000円、ファミリーマートは56万1,000円、ローソンは55万6,000円となりました。しかし、値上げが続いていることから消費者の節約意識は根強く、今後は商品価値の向上が各社の重要な戦略となっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  2. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  3. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

おすすめ記事

  1. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る