三菱商事が「ケンタッキー」日本KFCの全保有株式の売却を検討 売却額は数百億円

三菱商事が、所有する「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングスの全保有株式の売却を検討していることが、28日にわかりました。三菱商事は日本KFCにおいて約35%の出資比率を有しており、その売却を通じて収益力をさらに強化する方針です。

売却プロセスは近く開始される1次入札から始まり、外資系ファンドや外食産業の大手が応札する見込みです。日本KFCの時価総額は約900億円に上り、売却額は数百億円に達すると予測されています。

応札者は同社の安定した事業基盤や、大都市圏での新たな出店機会、収益改善の見込みに注目しています。ただし、米国のファストフード大手ヤム・ブランズとの間のフランチャイズ契約が売却交渉に影響を与える可能性があります。

また、三菱商事は小売セクターの再編に積極的で、最近ではローソンの経営権をKDDIと共有する形での共同経営への移行を発表したばかりです。この動きは、同社が小売事業におけるさらなる強化と効率化を進めていることを示しています。

ネット上では、「ケンタッキーはケンタッキーのままでいて欲しいと言う想いと、もっと柔軟に色んなメニューを欲しいとか、お店をもっと増やしてほしいとか、値段が少し高いとかもある」「日本の企業はもっと自分の会社のことを考えた方がいいと思います」「三菱商事とは知らなかった」などの意見が寄せられています。

日本KFCは順調に成長を続ける 昨年度の売上高は約1,000億円

1970年に米国のケンタッキーフライドチキンと手を組み、日本法人を立ち上げた三菱商事は、長年にわたり筆頭株主として35%の株式を保有し続けてきました。この間、日本KFCは順調な成長を遂げ、昨年度の売上高は1,000億円近くに達するなど、堅調な業績を維持しています。

また、日本KFCの店舗数は2023年末時点で1,229に及び、コロナ禍での持ち帰り需要の増加により、さらなる業績の向上が期待されています。2024年3月期の連結業績予想では、売上高が前期比10%増の1,100億円、営業利益は57.4%増の57億円と予測されています。

しかし、三菱商事は現在、保有する株式の売却を視野に入れた検討を進めており、その方針の下、近く入札を開始する予定です。入札には複数の企業が応札する見通しで、最終的には売却するかどうかを含めた具体的な検討が行われることになります。

また、三菱商事はこの動きとは別に、ローソンについてもKDDIとの共同経営への移行を発表するなど、積極的に事業や資産の見直しを進めています。大手証券アナリストは、「人口減で国内市場が縮小するなど事業環境が大きく変化している。業績が好調なうちに事業構成を見直す動きが今後、相次ぐのではないか」と指摘しました。

この件について、三菱商事は「グループ会社の成長戦略は常に検討しているが、決定した事実はない」とコメントしています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. マサチューセッツ総合病院は3月21日、遺伝子を改変したブタの腎臓を末期腎不全を患う62歳の男性患者に…
  2. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…
  3. YOSHIKIさんと小学館の裁判の第2回口頭弁論が行われた東京地方裁判所
    X JAPANのリーダー・YOSHIKIが所属する音楽事務所・ジャパンミュージックエージェンシー(J…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-24

    若手の化学系研究者から見た生成AI

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  2. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…
  3. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る