性的少数者の職場環境を巡り、最高裁が「使用制限は不当」と初判断

性的少数者の職場環境を巡って、最高裁が初めて判断を示しました。性同一性障害と診断され、女性として働いている経済産業省の職員が「職場での女性用トイレの使用制限は違法だ」と主張し、国を訴える裁判が進行していました。その結果、最高裁はこの使用制限は不当だと判断を下したのです。

一審の東京地裁では、使用制限は違法であると認めていましたが、二審の東京高裁では違法ではないとの見解を示しており、判決が分かれていました。最高裁の今回の判決は、性的少数者の職場環境を巡る初めての判断となりました。

経済産業省は今回の判決を受け、女性用トイレの使用制限の見直しが求められる状況になっています。この裁判は、職場での性的少数者の環境改善に向けた一歩となることでしょう。最高裁が示したこの判断は、同様の事例における今後の指針になるものと考えられます。

ネット上では、「配慮は必要だが、それは一方向であってはならない」「不特定多数の人が利用する場合はどう判断されるの?」「今回の案件は一般人の権利を侵害する可能性があるのでは?」などと物議を醸しています。

性同一性障害とは?ひろゆき氏がニュースに言及

性同一性障害とは、生まれ持った身体の性と心の性が一致しない状態のことを指します。一般社団法人の日本女性心身医学会は公式サイトで、「女性なのに、自分は『男として生きるのがふさわしい』、男性なのに『本当は女として生きるべきだ』、と確信する現象」と定義しています。

これまで性同一性障害について、共用トイレなどの利用をどう判断すべきか議論されてきましたが、最高裁が下した今回の判断によって議論が一転する見通しです。

2ちゃんねる創始者であるひろゆき氏は11日、自身のTwitterで最高裁の判断について言及しました。「最高裁『性同一性障害の診断を受けた生物学的男性が女性用トイレを使うのを拒否するのは違法』」という文章の後に、「宿直などで職場にシャワーや風呂がある場合にも同じ判断になりそうですなぁ・・・」とコメント。

その後、「性同一性障害の診断書は、30%の人がたった一回の通院でゲット出来たそうです。」という内容を、グラフを用いた画像と共にツイートしました。ひろゆき氏のこのツイートに対し、「もう公共のは使えないなー」「ひろゆきサン 本当に広めてほしいです」「トイレは分けないと何かあった時に危険なのでは」など、賛同する意見が多く寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  3. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る