「鳥取砂丘月面実証フィールド」が鳥取砂丘にオープン ブリヂストンは実演走行を実施

7日、月面探査車の走行試験や宇宙開発技術の研究に特化した「鳥取砂丘月面実証フィールド」(愛称・ルナテラス)が、鳥取市の鳥取砂丘にオープンしました。月面のような地形や細かさを備えた鳥取砂丘を活用するこのプロジェクトは、鳥取県が「鳥取砂丘月面化プロジェクト」として推進してきました。

ルナテラスは鳥取大学乾燥地研究センターの一角に位置し、「建設技術実証フィールド」と合わせると広さは1ヘクタールあります。国立公園外にあるため、研究テーマに合わせた掘削が可能な点も特長の一つです。

また、鳥取県と鳥取大学がルナテラスを拠点とした研究開発や人材育成に向けて協力する協定を結びました。鳥取県知事の平井伸治知事は、「そのスナバが本当にすばらしいフィールドになり、これで月まで行けるようになる。『ツキ』(月)が出てきた」と表現しました。

さらに、ブリヂストンが開発した月面探査車向けタイヤの実演走行も披露されています。内容としては、鳥取砂丘で温度変化が激しい月面の環境を想定したタイヤのテストです。

ブリヂストンの開発担当土谷慶氏は、「これだけ広く、砂の状態などが安定した環境でテストできる場所はほかにない」と、鳥取砂丘の魅力を語りました。

ブリヂストンは「国際宇宙探査ミッション」に挑戦中

ブリヂストンがいま、宇宙産業に向けて大きな動きを見せています。実は、ブリヂストンは2019年4月に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)、トヨタ自動車株式会社と共に、「国際宇宙探査ミッション」に挑戦することを発表しています。

2022年7月30日には、鳥取県鳥取市で実施された「鳥取宇宙産業創出シンポジウム(宙取祭)」に参加し、ブリヂストンがJAXAやトヨタ自動車と共同開発中の月面探査車用タイヤの実証実験について説明しました。

ブリヂストン次世代技術開発第2部の今誓志氏は、「月では空気がないのと、摂氏マイナス170度にも耐えないといけないため、ゴム製のタイヤは難しい。そこで金属製のタイヤを試作した」と説明し、金属製の試作タイヤによる鳥取砂丘での実証実験を行っている段階であることを報告しました。

鳥取砂丘にて行われたプレゼンテーションで今誓志氏は、ブリヂストンの企業概要についても触れました。グローバルに160拠点を持ち、14万人の従業員を雇用し、連結売上収益が3兆2,461億円を超えるブリヂストンの大きさと広範囲な事業展開を説明。

そして、「創業者が定めた“最高の品質で社会に貢献する”という使命のもと、人々の安心な移動や生活を足元から支えるビジネスを行っている」と、企業のミッションを強調しました。これらの取り組みにより、ブリヂストンは地球から月への移動手段の一端を担っています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 「国産初の新型コロナワクチン 遅きに失したワクチン研究開発費67億円はアメリカの1割」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    COVID-19(新型コロナ感染症)が2019年からの感染拡大により、世界中で大きな影響を与えました…

おすすめ記事

  1. 「子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-10-22

    子どもにとってゲームは良い影響?悪い影響?アメリカではIQが上昇する研究報告

    アメリカの大規模調査では、2022年には71%の子どもたちがゲームをしていると答えています。日本の2…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る