ジャニーズ会見で記者などの「NGリスト」を持参 「関与していない」とコメント

ジャニーズ事務所がジャニー喜多川氏の性加害問題を巡り、10月2日に記者会見を行いました。この会見において、事務所から会見の運営を任されていた会社側が、質問の指名を回避する目的で作成したとされる「NGリスト」を持参していたことが、関係者の証言により明らかとなりました。

このリストには、指名しないようにとの指示があった記者やフリージャーナリストの名前や写真が掲載されていたとのことです。ジャニーズ事務所はこの件について、事前の打ち合わせで会社から提示されたメディアリストに「NG」との記載があったため、「絶対当てないとダメですよ」と指摘。それに対して会社側は「では前半ではなく後半で当てるようにします」と回答したとされます。

その上でリストの関与について、事務所は「事務所の関係者は誰も関与していない」と明言し、加えて「特定の記者を避けるような要望も出していない」との見解を示しました。

都内で約2時間にわたって行われたこの会見には、300人を超える報道陣が集結。質疑応答は「1社1問」のルールに基づき進行されました。関係者によると、質疑応答の際に指名しないようにする記者やフリージャーナリストなどが掲載されており、座席の位置などを確認していたとのことです。

ネット上では、「ジャニーズの再生は無理かもしれない」「逃げるための言い訳にしか過ぎないと思います」などの意見が寄せられています。

運営会社の担当者が「本当に申し訳ない」とリスト作成を認める

会見の際、リストに掲載されていた記者やジャーナリストが指名を求めて挙手するも無視される場面が発生。その反対に、リスト掲載のジャーナリストが指名される状況も目撃されました。

この件について、会見の運営を受託した「FTIコンサルティング」の担当者は、「拙いものを作ってしまい、本当に申し訳ない」と、リストの作成を認めて謝罪しました。また、運営会社の担当者は、会見の進め方について事務所と調整していたことも明らかにしています。

社会構想大学院大学の白井邦芳教授は、「真摯に説明すると言いながら、実際の行動が異なっているという印象だ」と述べ、続けて「記者会見が本来の趣旨とはまったく別の問題で荒れてしまうような場合には、リストを作って排除を考えるケースもあるが、今回のように企業側が大きな問題を抱え説明責任を果たす立場の記者会見でこうしたことをすると、攻撃的で不都合な質問を避けたいという意図がうかがえてしまう」と指摘しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国政府は15日、半導体産業の国内強化を目指し、韓国のSamsungに対して大規模な支援を表明しまし…
  2. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…
  3. イスラエルメディアは日本時間14日、イランがイスラエルに対して多数のドローンと巡航ミサイルを発射した…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る