朝倉未来、Twitterにて大晦日のRIZIN欠場を表明 一部ファンからは批判的な意見も

25日、格闘家の朝倉未来が自身のTwitterにて、毎年大晦日に行われるRIZINの試合に出場しないことを明らかにしました。Twitterで朝倉未来は、「先に言っておきますが、大晦日は出ません」と意思をはっきり表明したあと、「頭がまだ痛いのと、準備期間が短すぎるので大事をとって。来年に備えます」と続けています。

23日に開催された総合格闘技イベント「RIZIN.39」では、ファン待望のフェザー級頂上決戦を制したクレベルに対し、榊原信行CEOは「ベラトールとの戦いも頼むよ」と言っていたことから、ファンの間では「大晦日に朝倉未来の姿が見れそう」「年末はベラトール対抗戦かな?」という声が上がっていました。

ファンたちはMMAの試合を期待していたこともあり、「2022年は格闘技頑張るって言ってたのに残念です」「朝倉未来が出ないと盛り上がらない!」「何も頑張ってないじゃん」など、朝倉未来を批判する意見が目立っています。

とはいえ、「体が一番なので仕方ない!」「しっかり休んでほしい」「体調が整うまで待ちます!」といった、朝倉未来を心配する声も多く寄せられました。

朝倉未来のRIZIN欠場の理由となった「メイウェザー戦」

9月25日、さいたまスーパーアリーナで開催された「超RIZIN」にて、朝倉未来とフロイド・メイウェザーは激闘を繰り広げました。このエキシビションマッチは、格闘技界に大きなインパクトを与えました。

試合はメイウェザーが朝倉未来に2R・TKOで勝利。2R終了のゴング直前にメイウェザーから強烈な一撃を受けた朝倉未来は、後ろに倒れ込むようにダウンし、そのまま復帰できず決着がつきました。

試合後のインタビューでは「まだ頭が痛い」と語っており、今回RIZIN欠場となったのはメイウェザー戦が原因だったのでは?と各所で予想されています。

なお、試合後にメイウェザーは「彼(未来)を誇りに思います。お客さんを盛り上げることに貢献しました。2Rフルで見せることができた」「未来に拍手を送ってください」など、朝倉未来を絶賛していました。

しかし、その意見とは裏腹に、バックヤードでは「試合中ニヤニヤカッコつけやがって」と、吐き捨てるように怒りをあらわにしています。さらに、2Rにダウンを奪ったパンチについて、「そこまで強く打っていないよ」とも語っています。

9月の超RIZINにて、メイウェザーと朝倉未来の実力差は明確になりましたが、朝倉未来の成長に大きくつながったはずです。大晦日のRIZINは欠場となったものの、これからの朝倉未来の活躍に期待したいところです。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  3. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る