井上尚弥がタパレス戦で10回KO勝利 2階級での4団体統一は史上2人目

12月26日、東京・有明アリーナでのプロボクシング界の歴史的一戦にて、日本の井上尚弥選手(30)が見事勝利を収め、史上2人目となる2階級での4団体統一を果たしました。WBC・WBO世界スーパーバンタム級王者の井上尚弥選手は、WBAスーパー・IBF世界同級王者マーロン・タパレス選手(31・フィリピン)と対戦し、4回に1度のダウンを奪取した後、10回に右ストレートで再びダウンを奪いKO勝利を達成しました。

この快挙により、井上尚弥選手はテレンス・クロフォード選手(米国)に続き、史上2人目となる2階級での4団体統一王者となりました。バンタム級の4団体統一からわずか1年後の偉業達成です。

試合後、井上尚弥選手は「戦って(タパレスは)1発のパンチもありましたし、自分も非常にピリピリしながら試合を進めることができた」と述べた上で、「1つ階級を上げて、こうして4本のベルトを集めることができました」と勝利を報告しました。

井上尚弥選手、5年7ヶ月で2階級での4団体統一を達成

2階級での4団体統一は史上2人目で、テレンス・クロフォード選手は8年3ヶ月かけて達成したのに対し、井上尚弥選手は5年7ヶ月でその偉業を成し遂げています。

2023年7月にスティーブン・フルトン選手を倒し、WBCとWBOのベルトを一気に2本獲得。その後、マーロン・タパレス選手との統一戦を約束し、5ヶ月後にその約束を果たしました。

井上尚弥選手のトレーニングはこれまで以上に厳しいもので、メキシコ人のスパーリング相手4人と合計116ラウンドをこなしました。大橋秀行会長は、これが彼のキャリアで最もハードなスパーリングだったと証言しています。

海外ブックメーカーのオッズでは井上尚弥選手が有利視されていましたが、井上尚弥選手は周囲の楽勝ムードを払拭するため集中的にトレーニングを行い、全くの油断なくリングに臨みました。

フェザー級転向、そしてスーパーフェザー級へ挑戦し、海外のスター選手と戦うなどの夢が語られている一方で、井上尚弥選手は「今の適正階級はスーパーバンタム級だと思っているので、来年、再来年とまたこの階級でもっと強い姿を見せれるように精進していきたいと思います」と自身の今後を語りました。

【4階級制覇までの記録(全てKO勝ちで制覇達成)】

  • 初奪取:2014年4月、20歳でWBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス選手(メキシコ)をプロ6戦目で破り王座獲得
  • 2階級制覇:2014年12月、21歳でWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス選手(アルゼンチン)を8戦目で破り王座獲得
  • 3階級制覇:2018年5月、25歳で世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル選手(英国)を16戦目で破り王座獲得
  • 4階級制覇:2023年7月26日、スーパーバンタム級でWBC・WBO世界統一王者スティーブン・フルトン選手(米国)を破り王座獲得

無敗で2階級4団体制覇:26戦無敗、世界戦は21連勝。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 性犯罪被害者の保護を強化するための新たな法律が、15日に施行されました。この新制度は、性犯罪などの被…
  2. 2021年3月にLINEとヤフーが経営統合して以来、個人情報のセキュリティ体制に関する課題が明らかに…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…

過去よく見られている記事

  1. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る