高校で銃乱射した少年の母親が過失致死で有罪判決 夫も同様の罪で起訴、無罪を主張

2021年に米国ミシガン州のオックスフォード高校で発生した悲惨な銃撃事件により、11人が死傷しました。この事件で、息子の犯行を防げなかったとして、加害者の母親ジェニファー・クランブリー被告が過失致死罪に問われ、地元陪審団によって6日に有罪と評決されました。

子供が起こした銃撃事件で保護者が過失致死罪で有罪とされたのは、米国史上初めてのケースです。ジェニファー・クランブリー被告は、息子に不注意に銃を持たせ、危険の前兆を無視したとして起訴されました。彼女の夫であるジェイムズ・クランブリー被告も同じ罪に問われており、無罪を主張しています。

事件当時15歳だった息子は、現在17歳で既に終身刑を服しています。2021年11月30日のこの悲劇では、4人の生徒が命を落とし、教員を含む7人が負傷しました。判事は、陪審団に対してこの評決が「これまでで最もつらいこと」だっただろうと述べました。

ジェニファー・クランブリー被告には、4件の過失致死罪でそれぞれ最長15年の禁錮刑が科せられる可能性があります。射殺されたテイト・マイヤー氏の父親バック・マイヤー氏は、「国民が声をあげた!」と語り、「これが(司法)システムのあり方だ」と付け加えました。

この事件とその後の裁判は、米国の銃規制と保護者の責任について改めて深刻な議論を呼んでいます。ネット上では、「親にまで過失致死罪に問われるのだから、親は銃の所持を安易にしない事だね」「検察の挑戦的な判断は悪くないと思う」「過失致死になるのがよくわからない」などの意見が寄せられています。

裁判の焦点 「犯行を予見し防ぐことが可能だったかどうか」

今回の裁判では、「犯行を予見し防ぐことが可能だったかどうか」が中心的な問題でした。この事件で息子が使用した銃は、両親によって事件の数日前に購入されています。

事件の直後、両親は警察によって犯罪容疑で追われ、一般市民からの情報提供を受けてデトロイト市内の工業ビルで発見されました。2年以上もの間、彼らは保釈金を支払うことができずに拘置所に収容されていました。

当初、夫妻は一緒に裁判にかけられる予定でしたが、2023年11月に別々の裁判を求めました。夫であるジェイムズ・クランブリー被告の裁判は、今年3月に行われる予定です。

検察側は、息子がメンタルヘルスに関連した支援を求めていたにも関わらず、両親が適切な治療を受けさせなかったことを証拠として提出しました。特に事件当日の朝、両親は息子が描いた不安を感じさせる絵に関する学校での話し合いを急いで切り上げ、仕事に向かっています。

犠牲者となった4人の生徒の中には、テイト・マイヤー氏(16)、ハナ・セント・ジュリアナ氏(14)、マディシン・ボールドウィン氏(17)、ジャスティン・シリング氏(17)が含まれています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 俳優の中尾彬氏(81)が心不全のため、5月16日に亡くなりました。妻である池波志乃氏が、所属事務所の…
  2. 「初期臨床研修医は平均年収435万円 研修医の平均年収と医師の働き方改革2024 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師の世界も2024年4月から厚生労働省による「働き方改革」が施行されました。医師の「働き方改革」と…
  3. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…

おすすめ記事

  1. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る