吉野家の「紅しょうが直食い男」に懲役2年4ヶ月・罰金20万円の実刑判決

大阪地方裁判所は15日、吉野家の店内で共用の紅しょうがを自身の箸で直接食べたとして、器物損壊と威力業務妨害の罪に問われた建築業の嶋津龍被告(35)に対して刑罰を下しました。高橋里奈裁判官は「身勝手で悪質な犯行」として、嶋津龍被告に懲役2年4ヶ月と罰金20万円を言い渡しました。

この判決は、求刑されていた懲役3年6ヶ月及び罰金20万円よりも若干軽いものです。嶋津龍被告は営利目的で大麻を栽培するなどしており、大麻取締法違反の罪でも訴えられています。この二重の罪に対する裁判は、吉野家店舗での行為と並行して考慮されました。

事件は2022年9月29日未明に発生しました。嶋津龍被告は大阪市住之江区の吉野家店舗で、共用の紅しょうがを箸で直接口に運び、店舗の業務を妨害しました。この一部始終は、35歳の知人男性によって動画撮影され、SNSで広く拡散されています。

高橋里奈裁判官は量刑理由で、「店舗への悪影響を顧みなかった」と嶋津龍被告を非難しました。その上で、事件後の大麻栽培を加味して「規範意識が乏しく、刑事責任は重い」と指摘しています。

この一連の出来事は、公衆の衛生に対する意識の重要性と、SNSの拡散力がもたらす影響の大きさを改めて浮き彫りにしました。ネット上では、「個人的には懲役はゼロ一つ、罰金はゼロ二つほど間違っているような気がします」「35歳で、この馬鹿げた行動は救いが無い」「普通の人格ならこんな事はしないし、矯正しないとまたやるよ」などの意見が寄せられています。

犯行動機は極めてシンプル 嶋津龍被告「みんなを笑かしたい」

警察による取り調べで、両容疑者は自らの行為を認めており、嶋津龍被告が「みんなを笑かしたい」という動機で行動していたことが明らかになりました。迷惑行為を撮影してSNSに投稿した岡敏秀被告(34)も、「私はめっちゃおもしろくて、みんなに見てほしかったので動画をSNSに上げた」と供述しています。

しかし、迷惑動画を投稿したことに対して知人から「これアカンで、たいへんなことやで」と注意を受け、その後に動画を削除しました。2023年2月22日、事件とは無関係の客からの情報提供を受け、吉野家は警察に被害届を提出しています。

嶋津龍被告は建築業を営む人物で、築20年以上のオートロック式デザイナーズ賃貸マンションに居住していることが判明しています。2010年にプロボクサーのC級ライセンスを取得しましたが、同年には所属ジムを去っています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の初飛行から約9年が経った今、経済産業省は3月27日、2035…
  2. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…
  3. 松本人志vs週刊文春 5億5000万円の訴訟がついに開始!傍聴席は36.3倍の競争率
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志氏が、女性に性的行為を強要したとする「週刊文春」の報道で名誉を毀…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    忘れてはいけないもの

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「忘れてはいけないもの」(ライター:ホワイト…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  3. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る