米下院、TikTok禁止法案を圧倒的な支持で可決 運営会社CEOは反対意見を表明

米下院エネルギー・商業委員会は3月7日、短編動画アプリ「TikTok」の米国国内での配信禁止を内容とする法案を全会一致で可決しました。賛成票は50に対し、反対票は0でした。この措置は、中国政府が情報収集の手段としてTikTokを利用する可能性に対する懸念から、わずか2日という異例のスピードで委員会を通過したものです。

この法案は、さらに下院と上院の承認を経て、バイデン大統領の署名を得ることで正式に成立します。ジョンソン下院議長はこの法案への支持を表明し、ホワイトハウスも積極的な姿勢を見せています。

そして米下院は13日、TikTokの親会社であるバイトダンスに対し、米国事業を約半年以内に売却するよう求め、従わなければアプリの利用を禁止する法案を圧倒的な支持で可決しました。賛成票は352に対し、反対票は65で、この法案は超党派の支持を受けています。

しかし、上院では可決の見通しが不透明であり、別の規制方法を求める声も上がっています。それにもかかわらず、バイデン大統領は法案が可決されれば署名する意向を明確にしており、ホワイトハウスの報道官は「上院の迅速な行動を望む」とのコメントを出しています。

TikTokのCEOが声明を発表 「30万人の米国人の雇用が危ぶまれる」

TikTok運営会社の最高経営責任者(CEO)である周受資氏は、この動向に対して「(法案成立は)米国でのTikTok禁止につながり、クリエイターや中小企業から数十億ドルが奪われることになる」とした上で、「30万人の米国人の雇用が危ぶまれる」という声明を発表しました。さらに、同社は法的権利を行使し、TikTok禁止を阻止する姿勢を強調しています。

米国内では約1億7,000万人がTikTokを利用しているとされ、この法案に反対する若年層からの圧力が報告されています。一方、中国外務省は13日にこの法案を批判し、「米国はTikTokが国家安全保障に脅威を与えているという証拠を発見していないのに、TikTokへの追及を止めていない」と語りました。

下院採決においては、特に民主党から多くの有力議員が反対票を投じました。アレクサンドリア・オカシオ=コルテス議員は「独占禁止法とプライバシーに関する深刻な疑問があり、国家安全保障上の懸念があれば、採決の前に国民に説明されるべきだ」と指摘しています。また、上院商業委員会のキャントウェル委員長は裁判で通用する法案を望んでおり、今後の展開はわからないとコメントしています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…
  2. 米国のバイデン政権は、気候変動に対抗するための一環として、2027年から自動車排気ガスの基準を段階的…
  3. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…

過去よく見られている記事

  1. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る