人の血液内に直径千分の1ミリ以下の「ナノプラスチック」見つかる 国内初検出

東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下の「ナノプラスチック」と呼ばれる微細なプラスチック粒子が含まれていることを確認しました。さらに詳細な分析により、1人の血液や肝臓、腎臓などから、プラスチックに添加される紫外線吸収剤やポリ塩化ビフェニール(PCB)などの有害化学物質が見つかっています。

日本国内でのこの種の発見は初めてであり、ナノプラスチックと有害化学物質が同時に検出された事例は世界でも未報告でした。ナノプラスチックは環境中に広く存在し、その小さな粒径が体内への取り込みやすさを高め、生物に対する影響を強めていることが指摘されています。

高田教授は、「プラスチックの微粒子が有害化学物質を体内に運び込んでいる」と警鐘を鳴らしています。現在の検出量では健康への影響は小さいとされていますが、長期間にわたる蓄積や摂取量の増加が、将来的に人体、特に生殖機能に悪影響を及ぼす可能性があるとの懸念を示しています。この発見は、環境汚染と人体への影響について、さらなる警告となり得ます。

ネット上では、「本当に検出されたのであろうか?」「人が現代の生活レベルを継続している以上は増えても減らすことは大変困難だと思います」「調べれば調べるほど、知らなきゃよかったと思うことばかり」などの意見が寄せられています。

マイクロプラスチックの汚染が拡大 「全ての哺乳動物に影響」

地球上の最も遠い隅から深海まで、「マイクロプラスチック(ナノプラスチックよりも大きいプラスチック)」の汚染が拡大しています。最新の研究を通じて、人類に対してさらなる警告を発しています。

2月17日に発売した学術誌の「Toxicological Sciences」によると、ニューメキシコ大学健康科学センターのマシュー・キャンペン博士とそのチームは、62のヒト胎盤組織サンプルを分析し、これら全てにマイクロプラスチックが含まれていることを発見しました。この粒子の濃度は6.5から790マイクログラムに及び、最も頻繁に検出されたプラスチックの種類は日常的に使用されるポリエチレンでした。

マシュー・キャンペン博士は、「これほどの濃度を引き起こす要因は分かっておらず、またその濃度が胎盤や胎児の成長および発達、また他の母体の健康への悪影響に寄与しているかどうかも現時点では明らかではありません」とした上で、「しかし、胎盤は母体の血液から多くの栄養を取り込むため、より強い影響を受ける可能性があります」と警告しています。

さらに、「胎盤に影響があれば、この惑星上の全ての哺乳動物に影響を及ぼしていることが考えられます。それは良いことではありません」と指摘しています。この研究は、生活環境に溢れるプラスチックの使用が、想像以上に深刻な影響を及ぼしていることを改めて示しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. インターネット上の偽情報対策として、政府は大手SNS事業者などに対し、広告掲載の事前審査基準の公表を…
  2. 2023年の出生率が過去最低を更新する見通しとなっています。第一生命経済研究所の星野卓也氏の試算では…
  3. 「子どもの自律訓練法 不安緊張やストレスの緩和に有効なトレーニング子どもの自律訓練法 」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    心と体をつなぐ神経と言われる自律神経は、興奮したり、ストレスを感じたりした時に優位になる交感神経と、…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る