フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総報酬は約20兆円に達し、これは5年前と比較して約2倍の増加を示しています。フリーランスの人数は257万人に上り、派遣社員の数を上回る規模になりました。

2024年秋には、フリーランスを保護するための法律が施行される予定です。この新しい働き方について、フリーランスの仲介サービスを手掛けるランサーズの秋好陽介社長は、「将来は個が会社を超え、大仕事を成す時代が来ます」というビジョンを提唱しており、個人が株式上場する可能性についても触れました。

このような発言は、フリーランスやその家族らが集まった東京・原宿でのイベント「ランサーオブザイヤー」で行われました。このイベントは、フリーランス同士の交流を深め、自分らしい働き方で活躍する人々を表彰する目的で開催されています。

フリーランスの年収は正社員と比べても遜色なく、2023年版の「フリーランス白書」では、2割が400万円から600万円未満を稼いでおり、1割は1,000万円以上の収入を得ているとのことです。また、フリーランスの報酬総額は正社員の給与総額の約9分の1に達しており、この差は徐々に縮まりつつあります。

フリーランスの働き方は多様であり、自分のライフスタイルに合わせて仕事量を調整できる柔軟性が魅力です。例えば、Webライターの花山さくら氏は、「自分で仕事量を調整できるので、時間の融通が利くのがいい」と話しています。

また、プロジェクトごとに異なるスキルを持つフリーランス同士がチームを組んで大きな案件に取り組む動きも見られ、このような働き方は新たな潮流となっています。「新卒フリーランス」としてキャリアをスタートさせる人も現れ、大学卒業後に直ちに独立してフリーランスとして活動する例も増えています。

AIの普及でチャンス広がる 「新たなフリーランスの時代が来る」

フリーランスという働き方は、専門性が高い「プロ人材」に対する需要の高まりとともに、経済の中核業務への関与が深まっています。特にITエンジニアや人事、マーケティング、経理財務の分野で活躍するフリーランスへの需要が増加しており、これを受けて特定領域に特化したマッチングサービスが充実してきました。

例えば、Hajimariは2019年からこうしたプロ人材と企業を結びつけるサービスを開始し、約1万7,000人のフリーランスが登録しています。一方で、フリーランスの人口増加に伴い、企業との力関係の不均衡やトラブルの経験が課題として浮上しています。

約半数のフリーランスが取引先とのトラブルを経験しており、この問題に対処するため、2023年4月にはフリーランスを守る新法が成立しました。2024年秋に施行される予定です。この法律は、発注側に仕事内容の明示やハラスメント防止措置を講じることを義務付けるものです。

また、フリーランス市場はエージェント型の企業が増えるなど、変化が生じています。ランサーズが主催する「ランサーオブザイヤー」のようなイベントは、フリーランスの表彰とコミュニティ形成に貢献しており、フリーランス同士がチームを組んで大規模なプロジェクトに挑む動きも見られます。

さらにAIの普及により、単純な作業は減少するものの、クリエイティブな仕事の価値は高まり、フリーランスにとって新たなチャンスが広がっていると考えられています。「AIと『共創』する新たなフリーランスの時代が来る」とも言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 国立がん研究センターが28日、教育と健康の関連性に関する驚きの研究結果を発表しました。この研究では、…
  2. 静岡県の川勝平太知事は4月2日、自身の辞意を表明しました。午後6時から始まった会見で「職業差別は皆無…
  3. 「医師の行政処分 34年間で800人は基準が甘い?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師は人々を病気の脅威から守り、人の命を助ける大切な職業の一つですが、医師の行政処分は34年間で80…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…
  3. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る