米サンドイッチチェーンのサブウェイが会社売却を模索 コスト上昇や競争激化が原因か

米サンドイッチチェーンのサブウェイは14日、会社売却の可能性を検討していると発表しました。売却時期や実現の可能性は現時点では未定ですが、米金融大手であるJPモルガンをアドバイザーに起用し、検討を進めていくとのことです。

会社売却を検討する主な理由は、コスト上昇や競争激化に直面しているためだとされます。ウクライナ戦争をめぐって、飲食店業界全体のコスト上昇が深刻化しています。食糧コストや物流費、光熱費など、さまざまなコストが高騰しているのです。

コスト上昇に苦しむのはサブウェイだけでなく、マクドナルドやモスバーガーなども同様です。マクドナルドは去年今年と連続で値上げしており、直近で言うと2023年1月16日にハンバーガーやチーズバーガーなどの主力商品を値上げしました。

モスバーガーに関しては2022年7月に価格改定が行われて以来、値上げはまだ実施されていません。しかしコスト上昇が加速するこの状況では、今年中に値上げが行われる可能性は十分にあります。

なお、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、サブウェイの企業価値は100億ドル(約1兆3,000億円)以上になる可能性があるとのことです。

サブウェイは100カ国以上で3万7,000店以上を展開している

サブウェイは米国に本社を置く世界最大のファーストフードチェーンです。サンドイッチチェーンとしては、店舗数世界No.1を誇ります。

顧客1人ひとりの好みに合わせたオーダーメイドスタイルが特徴です。目の前で商品を丁寧に作り上げる姿を確認できることから、ほかのフードチェーンにはない安心感があります。

そんなサブウェイは、100カ国以上で3万7,000店以上を展開しています。2013年1月時点でマクドナルドの約3万4,000店舗を超え、サブウェイは世界に3万8,374店舗を展開。しかし、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、ここ数年は閉店ラッシュが目立っています。

思うように業績が伸びないなか、ウクライナ戦争によるコスト上昇などが相まって、今回の会社売却の決断に至ったのだと考えられます。ネット上では、「サブウェイがなくなったら俺たちはどうすればいいのか」「サブウェイのサンドイッチ好きなのに」「会社売却に驚きを隠せない」などの意見が見られました。

会社売却はまだ確定しているわけではないため、今後もサブウェイの動きに注目していきます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る