「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者(25)が逮捕されました。今回で3度目の逮捕となり、お金を取る手口をマニュアル化してネットで販売し、特定の男性を「おぢ」と呼びながら数十人の男性から現金をだまし取りました。被害総額は2億円を超えるとのことです。

渡辺真衣容疑者の主な貢ぎ先として、26歳のホスト「狼谷歩」こと田中裕志容疑者(26)が挙がります。田中裕志容疑者もまた、23日にホスト店の責任者である橋本一喜容疑者(34)とともに逮捕されました。

警察によれば、22日に再逮捕された渡辺真衣容疑者は、横浜市の54歳男性に対して「会社の立ち上げに失敗して借金が残った」と嘘をつき、約5,200万円をだまし取った疑いが持たれています。

そして、田中裕志容疑者らはその事実を知りながら、現金およそ4,000万円をホストクラブの飲食代などとして受け取った組織犯罪処罰法違反の疑いがかけられています。

田中裕志容疑者は、渡辺真衣容疑者からの莫大な資金で店内のナンバーワンの座を獲得。その証拠として、渡辺真衣容疑者のYouTube上で「自分が初めてナンバーワンになったのが23歳の4月(2021年4月)、その時の売り上げが1,700万、給料が1,000万いかないぐらいだった」と発言しています。

この事件に関連する投稿の中に、「魚の形をしたオブジェの前に札束が並んでいる」という写真が含まれており、田中裕志容疑者のYouTubeにも「この魚を買った女がヤバすぎる一撃1,000万」とのタイトルで同様の画像が確認できました。

売上4,000万円 渡辺真衣容疑者のSNSにも同様の写真

田中裕志容疑者は以前、YouTubeにてホスト時代のエピソードを紹介しています。1年目に指名した3ヶ月の女性から、魚の形をした原価3,000円ほどのヤカンを1,277万円で購入してもらったと語っており、「そういう損得勘定に支配されていない女の子も世の中にはいるんですよね」と述べました。

また、「一番稼いだ日」に5月のバースデーイベントでの売り上げが4,000万円だったと語っています。田中裕志容疑者のSNS投稿には、その金額を示す「4,000万円プレイヤーになった」との言葉とともに、札束と酒の画像が掲載されています。一方、渡辺真衣容疑者のSNSにも同様の画像が確認されており、2,763万1,000円の会計を示すレシートも見られました。

渡辺真衣容疑者は逮捕について「間違いありません」と容疑を認めている様子ですが、警察は田中裕志容疑者ら2人の認否は公開していません。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 地球温暖化対策の新たな切り札として、高知県大月町の黒潮生物研究所が注目を集めています。2023年5月…
  2. DMMグループのDMM Bitcoin社から、約482億円相当のビットコインが流出したことが明らかに…
  3. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…

おすすめ記事

  1. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る