中国「青島ビール」の工場で作業員が放尿 動画が拡散されSNSで大炎上

韓国で大人気を誇る中国の大手ビール会社「青島ビール」に関連する動画が投稿され、SNSで波紋を呼んでいます。その動画では、中国・山東省青島市にある青島ビールの工場で働く作業員がビールの原料に放尿する様子が映されています。

会社はすぐに工場を閉鎖して「内需用」と説明しましたが、炎上の勢いは止まらず、現在も話題となっています。問題となった動画では、ヘルメットや作業服を身に着けた男性が工場のフェンスを乗り越えたかと思うと、急に放尿を開始。周囲を警戒しながら放尿をしている様子でした。

動画の公開を受け、青島ビールは該当工場を速やかに閉鎖。さらに「中国公安に通報し、公安機関も捜査に着手した」とした上で、「放尿したビールの原料は全て封印し保管中」とコメントを発表しました。

青島ビールは1903年の設立以来、中国の4大ビールメーカーとして知られていますが、この事件によりそのブランドイメージに疑問が投げかけられています。韓国の輸入企業も迅速に対応に乗り出し、「事件が発生した工場では中国国内向けのビールだけを製造している事実を確認した」と説明し、続けて「現在韓国に輸入されている青島ビールはこの工場とは関係ない」との事実を明らかにしました。

この事件を受けてネット上では、「これは恐らくは常習的に行われてきたことでしょう」「中国らしくて好感が持てますね」「今まで中国の衛生管理がしっかりしてると思ってた人は考え直した方がいい」などの意見が寄せられています。

青島ビールの株価が大暴落 「(中国のビールは)飲まない」

青島ビールの工場内で作業員が放尿する動画による騒動の後、青島ビールの株価は大幅に下落しました。

中国のネット上では、動画の公開が企業イメージを傷つける意図があったのではないか、という憶測が飛び交っています。中国の主張に沿って発信することで知られる論客は「動画が撮られたことは企業に対するテロ攻撃に近い」との立場を取り、「企業の安全管理はますます複雑になっている」と安全管理の複雑化を指摘しています。

一方、海外からのビール輸入量で中国が3位の韓国では、この件に対する反応も大きい様子です。「(中国のビールは)飲まないと思います。中国製品について衛生に関する話題が何度かあったので、敬遠されると思います」とソウル市民が語る一方、別の市民は「他のメーカーでもそんなことが起きそうで、どうしても中国製は少し避けることになりそうです」とコメントしています。

この件に対して韓国政府は、問題の工場からのビールは国内に持ち込まれていないとして、国民の不安を和らげる声明を出しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. NTTドコモは3日、無人航空機を活用した「空飛ぶ基地局(HAPS)」の商用化を2026年に目指すと発…
  2. 「アドラー心理学による子育て 現代社会で重要視される理由」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育てに関して調べると、必ず出てくるのが「アドラー心理学」。最近、非常に注目されていて、子育てで調…
  3. 衆議院東京15区補欠選挙で選挙妨害を繰り返したとして、政治団体「つばさの党」の代表ら3人が公職選挙法…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る