ガザ地区での戦闘休止期間を1日延長で合意 イスラエルとイスラム組織ハマス

イスラエルとイスラム組織ハマスは、ガザ地区での戦闘休止期間を11月30日に1日延長することで合意しました。この合意により、日本時間の12月1日午後2時まで戦闘の休止が続く見通しです。しかし、イスラエル側は休止期間終了後に軍事作戦を再開する可能性を示唆しており、緊張が続いています。

この戦闘休止は、11月24日から6日間続いており、ハマス側はガザ地区で拘束していたイスラエル人を含む97人の人質を解放。一方、イスラエルもパレスチナ人210人を釈放しました。さらなる戦闘休止の延長に向けた仲介役として、カタール、エジプト、米国が交渉に関与し、30日未明には米国のアントニー・ブリンケン国務長官がイスラエルに入りました。

ハマスは休止期間終了間際に声明を発表し、「イスラエル側が女性と子どもの人質合わせて7人と、イスラエル軍の爆撃で死亡した3人の遺体の受け取りを拒否した」と主張しました。最終的に、期限切れ20分前にイスラエル軍がSNSで戦闘休止の継続を発表し、ハマスとカタール外務省も戦闘休止を1日延長することで合意したと発表しています。

この戦闘休止の延長により、一時的ながらも緊張の緩和が見られますが、イスラエル軍が休止期間終了後に軍事作戦を再開する姿勢を崩していないため、ガザ地区での人道危機がさらに深刻化することが懸念されています。米国やカタールは、戦闘の休止をさらに延長するための働きかけを続けています。

エジプト政府が30日に声明を発表 さらに2日間延長の可能性

エジプト政府は30日、イスラエルとハマス間の戦闘休止がさらに2日間延長される可能性について声明を発表しました。この声明では、「エジプトとカタールの努力の結果、戦闘の休止の継続に向けて多くの障害を克服することができた」と述べられています。

また、エジプトとカタールは引き続き、より多くの人質の解放、囚人の釈放、ガザ地区への人道支援物資の搬入を目指して、イスラエルとハマスに対する働きかけを継続しているとのことです。

一方、イスラエルを訪問中のアントニー・ブリンケン国務長官は、戦闘休止が人質の解放やガザ地区への人道支援の拡大に繋がっていると強調しました。アントニー・ブリンケン国務長官は「この1週間、人質が解放され、家族と再会するという非常に前向きな進展をみることができた」と述べ、続けて「戦闘の休止は結果をもたらしているし、重要だ。これが継続されることを期待したい」との見解を示しました。

今後、イスラエルとパレスチナのヨルダン川西岸などを訪れ、働きかけを強める予定です。また、戦闘休止が1日延長されることについて、国連人口基金(UNFPA)のパレスチナ事務所のドミニク・アレン所長も「支援を届けるためには、さらにまとまった時間が必要だ」と主張しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「若手の化学系研究者から見た生成AI」(ライ…
  2. 「子どものコミュニケーション教育5選 多様性のある人々とともに社会に貢献する」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どものコミュニケーション力について悩んでいるお母さんお父さんが増えています。今回は、社会人としての…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る