EUが世界初の新たなAI規制法案で大筋合意 違反すると最大54億円の制裁金

ヨーロッパ連合(EU)は、AIの利用に関する新たな法案で大筋合意しました。この法案は、AIのリスクを分類し、特定のリスクの高いAIの利用を禁止にするというものです。具体的には、公的機関や企業による人々の信用度評価や、子どもなど特定の人々の弱みを利用するAIが「許容できないリスク」とされており、その使用が禁止されます。

教育機関や企業の採用に使用される「高いリスク」のAIは、偏りのない判断、人間による監視、強化されたサイバーセキュリティなどが求められます。また、生成AIが作成した画像や文章に関して、AIによるものであることを明示する透明性が義務づけられています。

違反企業に対しては最大3,500万ユーロ(約54億円)か、年間売上高の7%のいずれか高いほうが制裁金として科されることになります。2026年にはこの規制が完全に適用される予定です。

ヨーロッパ委員会のフォンデアライエン委員長は、「EUのAI規制法は世界で初めてのものだ。信頼できるAIを開発するための唯一の法的枠組みで、人々の安全と基本的権利、それに企業を守るものでもある」とコメントしています。

汎用性の高いAIモデルを扱う企業には別途義務が課される

AIの利用に関する新たな法規制では、「ChatGPT」などの生成AIに使用されている汎用性の高いAIモデルを扱う企業に対しても、別途義務が課される方針です。また、システムリスクを引き起こす可能性があるモデルについては、リスク管理と重大インシデントの監視などの義務が発生します。

さらに、AIの監督を行うために「AI事務局」を設ける計画です。この事務局は、拘束力のある規則を施行する世界初の機関となる見通しです。

生体認証技術、特に顔認証に関しては、公共空間での法執行目的のリアルタイム遠隔生体認証の使用が禁止されます。この点に関しては、欧州議会とフランスなどの間で意見が割れています。

欧州議会は「野放図に監視が認められる可能性がある」と全面的な使用禁止を求めており、フランスなどはテロ対策のために「許容できないリスク」の分類から外すよう要求しています。

一方で、安全保障や軍事目的、また研究や開発段階のAIは規制の対象外となりました。非公式会合は6日午後に始まり、日々進化する技術と原案からの大きな隔たりにより、合意には3日間で計30時間以上かかりました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「コロナ禍で病床数逼迫 日本の「医療資源」について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    コロナ禍において、日本の医療体制に対する様々な議論が交わされるようになりました。その中でテレビや新聞…
  2. 内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者であるジュリアン・アサンジ氏が、英国での5年以上に及ぶ拘束か…
  3. テーマパーク運営のオリエンタルランド(OLC)が、新たな事業の柱としてクルーズ事業に参入します。同社…

おすすめ記事

  1. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  2. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  3. 2024-5-18

    広島・安芸高田市の石丸伸二市長が東京都知事選挙に立候補 東京一極集中の是正を目指す

    広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る