2023年1月から大手電力会社5社で電気料金が値上がり 東京電力などが該当

2024年1月、日本の主要な電力会社5社の電気料金が値上がりすることが予想されています。この電気料金の上昇は、東京、北海道、中部、九州、沖縄の5社において見込まれており、主な原因は液化天然ガス(LNG)や原油の輸入価格の上昇です。

家庭向けで契約者の多い規制料金は、平均的な家庭の場合、2023年12月と比べて東京電力では5円増の7,464円、北海道電力では23円増の8,272円、中部電力では24円増の7,109円、九州電力では2円増の6,131円、沖縄電力では10円増の7,944円となる見込みです。

一方で、石炭の価格が下落していることから、北陸電力と中国電力では電気料金が下がることが予想されます。北陸電力では7円減で6,588円、中国電力では13円減で7,187円となる見込みです。

東北電力、関西電力、四国電力については、前月と同じ料金が維持されるとのことです。各電力会社の料金動向は地域やエネルギー資源の市場価格によって異なり、消費者にとっては注意深い検討が必要な状況と言えます。

ネット上では、「また電気代の値上げか」「ガソリン価格より電気・ガス・灯油の価格を最優先に考えてほしいですね」「冬場の電気代は家計逼迫で本当に辛いです」などの意見が寄せられています。

電気代だけでなくガス代も値上がり 大手ガス供給会社4社

2024年1月には電気代だけでなく、大手ガス供給会社4社の料金が値上がりすることもわかっています。この値上がりは、都市ガスの原料である液化天然ガス(LNG)などの価格上昇によるものです。

具体的には、使用量が平均的な家庭において、東京ガスの料金が35円増の5,372円、大阪ガスが35円増の5,922円、東邦ガスが33円増の6,529円、西部ガスが27円増の6,206円となる見込みです。

2021年からエネルギー価格は上昇傾向にあり、2022年には天然ガス市場で過去最高値を記録しました。この価格高騰は、ロシアによるウクライナ侵略などの国際情勢の変化に起因しています。

これらの出来事は、短期的にはエネルギー需給のひっ迫と価格の高騰を引き起こし、中長期的にもエネルギー市場に大きな影響を及ぼすことが予想されます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「「過保護」と「過干渉」子どもに及ぼす悪影響とその対処法」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子育て中のみなさんは「過保護」や「過干渉」になっていませんか?子どものためと思ってやっていることが「…
  2. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…
  3. 一関市の会社員・大滝洸氏(27)は手術を受けることなく、女性から男性への戸籍上の性別変更が認められま…

おすすめ記事

  1. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 神戸須磨シーワールド

    2024-5-30

    シャチパフォーマンスが楽しめる「神戸須磨シーワールド」がグランドオープン前に関係者向けイベントを開催

    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る