森ビル社長「都心に森を造る」 六本木の再開発計画 「見たことのないような街」

森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区にある「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造る」という画期的な構想を披露しました。この新たなプロジェクトは、2023年に開業した大型複合施設「麻布台ヒルズ」や、2023年に完成した「虎ノ門ヒルズ」の成功に続くもので、「見たことのないような街」の実現を目指しています。

計画では、「六本木ヒルズ」と麻布台ヒルズに挟まれたエリアに、約1.6ヘクタールの庭園が整備され、高さ327メートルと288メートルの超高層ビル2棟が森林に囲まれる予定です。施設内にはオフィス、住宅、ホテル、店舗、劇場、会議場が入る予定で、2025年度の着工、2030年度の完工を目指しています。

辻慎吾社長は、ヒルズ街づくりのコンセプトについて「食や住、働くことを一度に享受できる」と述べ、東京がグローバルに活躍する世界の人々や企業から選ばれる都市になることの重要性を強調しました。

また、麻布台ヒルズでは、日本一の高さ330メートルのビルを中心にオフィスや住宅、ホテル、店舗を集約し、敷地の3割を緑地化。インターナショナルスクールの誘致も行い、さまざまな人が住む多様な住宅を約1,400戸供給する計画です。

辻慎吾社長は、このプロジェクトがもたらす「ものすごい反響」に手応えを感じており、多様な層への住宅提供の重要性を訴えています。ネット上では、「すごい森を作ってくれることを期待する」「ますます都心が似たような味気のないコンクリートとガラス張りになっていく」「森造りが開発の免罪符みたいに聞こえてしまう」などの意見が寄せられています。

東京都港区に「ホテル虎ノ門ヒルズ」が誕生

2023年12月、東京都港区の虎ノ門ヒルズに「ホテル虎ノ門ヒルズ」が誕生しました。このホテルは、「アンバウンド コレクション by Hyatt」ブランドのもと、東京での初進出を飾り、そのユニークな個性と唯一無二の魅力で注目を集めています。

ホテルは、休息から仕事、遊びまでを支える便利で快適な空間を提供し、ミシュランの星を獲得したヨーロッパのシェフによるレストランやカフェが東京の中心で楽しめます。特に宿泊者専用の「ザ・ラウンジ」では、東京タワーや虎ノ門エリアの景色を一望できるロケーションを活かしたサービスを提供しています。

シャワーブースやリラクゼーションルーム、ミーティングルーム、無料のリフレッシュメントなど、快適性にこだわったさまざまな設備が整っている点が特徴です。全205室の客室デザインは、北欧と日本の建築美が融合したもので、スカンジナビアの美学と日本の優美が調和したサステナブルな素材を使用しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 松本人志vs週刊文春 5億5000万円の訴訟がついに開始!傍聴席は36.3倍の競争率
    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志氏が、女性に性的行為を強要したとする「週刊文春」の報道で名誉を毀…
  2. 渡邊真衣被告、通称「頂き女子りりちゃん」の裁判が3月15日に開かれ、検察は被告に対し懲役13年と罰金…
  3. ロサンゼルス・ドジャースに所属する大谷翔平選手の元通訳である水原一平氏が、約24億5,000万円を不…

過去よく見られている記事

  1. 2024-2-22

    フリーランスが急増中 年間総報酬は約20兆円、派遣社員を上回る人数

    フリーランスという働き方が、日本国内で急速にその存在感を増しています。近年、フリーランスの1年間の総…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る