JAXA、新型ロケット「H3」2号機の打ち上げ成功 超小型衛星の分離も確認

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日午前9時22分、種子島宇宙センターから新型主力ロケット「H3」2号機を打ち上げました。このロケットは、予定された高度約680キロに到達し、搭載されていた超小型衛星を正確に分離することに成功しました。

この成功はH2Aロケットの後継機として期待されるH3が、今後20年にわたり日本の宇宙輸送を担うための重要な一歩となります。H3ロケットの開発は2014年に始まり、初号機の打ち上げは2023年3月に行われましたが、電源系統の不具合により失敗しました。

この経験を踏まえ、JAXAと共同開発者である三菱重工は2号機に再発防止策を施しました。2号機の打ち上げは、ロケットの性能確認を目的としており、初号機で失われた模擬衛星と共に2機の超小型衛星が搭載されました。JAXAによれば、1、2段目のエンジンは予定通り燃焼し、打ち上げ後約17分に超小型衛星「CE-SAT-1E」を分離したとのことです。

H3ロケットは全長約63メートル、直径約5.2メートルで、H2Aよりも一回り大きく設計されています。打ち上げ能力を約1.3倍に高め、コスト削減のために既製部品の使用や3Dプリンター技術を活用し、打ち上げ費用を約50億円に抑えることを目指しています。

ネット上では、「他国に誇れる産業として成長して欲しいものです」「打ち上げ成功で何より。おめでとうございます」「本当に良かった!」などの意見がみられました。

JAXAが記者会見を開く 「こんなにうれしい日はない」

「H3」2号機の打ち上げ成功を受け、JAXAは17日午後0時半過ぎから記者会見を行いました。会見の冒頭では、JAXAの山川宏理事長が「ロケットは計画通りに飛行し機体を所定の軌道に投入し衛星を分離できたことを確認した」と述べた上で、「H3ロケット試験機1号機の打ち上げ失敗を受け原因究明に真摯に向き合い、再発防止に向けて全力を挙げて取り組んできた」とコメントしました。

また、続けて「本日、打ち上げの結果を報告できたことに安どしている」「宇宙業界に長らくいるがこんなにうれしい日はなく、こんなにほっとした日はない」と、打ち上げ成功について自身の感慨を表しました。

開発責任者である岡田匡史プロジェクトマネージャは、今回の打ち上げ成功を「満点」と評価し、H3ロケットの今後の成長に対する期待を語りました。「ロケットの失敗はやってはいけないことです。ただ、失敗があるとエンジニアはものすごく強くなる。この1年で強くなったエンジニアに後はよろしく頼むぞという思いです」と、これまでのロケット開発の経験を次世代に伝える重要性を強調しました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国のバイデン政権は、気候変動に対抗するための一環として、2027年から自動車排気ガスの基準を段階的…
  2. NTTグループは25日、企業や自治体を対象とした、日本語に特化した独自開発の生成AIを用いた新たなサ…
  3. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  2. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る