つばさの党本部に警視庁が家宅捜索 他陣営の演説を妨害した疑い

13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、4月28日投開票の衆院東京15区補欠選挙で他陣営の演説を妨害した疑いがあるためです。

警視庁捜査2課は公職選挙法違反(自由妨害)の容疑で、つばさの党本部などを捜索しました。元候補者側への強制捜査は異例であり、表現や言論の自由を逸脱したと判断されたとみられます。

捜査関係者によれば、容疑を持たれているのはつばさの党の根本良輔元候補(29)や黒川敦彦代表(45)らの計3人です。捜索の容疑は補選期間中に他陣営の演説を妨害し、選挙カーを追いかけて移動を妨げた疑いです。

13日午前、つばさの党本部には段ボールを持ったスーツ姿の捜査員が入りました。不測の事態に備え、機動隊も待機していたとのことです。黒川敦彦氏は同日、報道陣の取材に対して「表現の自由の中で適法にやっている」と述べ、同様の活動を続ける意向を示しました。

警視庁は4月18日、つばさの党陣営に対して他陣営の演説中に大音量で発言する行為が公選法違反の可能性があるとして警告を行いました。しかし、妨害行為はその後も続き、結果として他陣営は街頭演説の日程を事前に告知しないように対応を余儀なくされました。

捜査幹部「候補者の主張を聴く有権者の機会を奪う悪質な行為」

1954年の大阪高裁判決では、聴衆が演説を聞き取れなくなるほど執ようにヤジや質問を繰り返し、一時演説を中止させる行為が演説妨害と判断されました。一方、表現や言論の自由は憲法で保障されており、捜査のハードルは高いとされています。

警視庁は警告を受けても妨害行為を続けた点を重視しており、つばさの党への強制捜査が必要であると判断しました。捜査幹部は「候補者の主張を聴く有権者の機会を奪う悪質な行為であり、徹底的に解明を進める」と述べています。

一方で元検事の亀井正貴弁護士は、自由妨害罪について「ヤジのような内容でも発言は政治的見解の表明ともとれ、犯罪の成否を巡る判断は難しい」と強調しました。続けて「国家権力による選挙活動への介入は抑制的であるべきで、捜査機関は慎重にならざるを得ない」と指摘しています。

つばさの党は、2020年11月に総務省へ設立届け出が行われた政治団体です。代表は黒川敦彦氏、幹事長は根本良輔氏が務めています。

根本良輔氏は衆議院東京15区の補欠選挙に立候補し、得票数は1,110票で9人中9位でした。​黒川敦彦氏は今年7月の東京都知事選への立候補を表明しており、根本良輔氏も立候補の予定を示しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 広島県安芸高田市の石丸伸二市長(41)は、7月7日投開票の東京都知事選に無所属で立候補すると発表しま…
  2. 警視庁は4月17日、新社会人に向けて投資詐欺への注意喚起を行いました。近年、著名人をかたる偽広告など…
  3. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る