性犯罪歴の照会期間を「10年超」とする方針 政府が「日本版DBS」の方針を発表

政府は11月22日、子どもと関わる職に就く人の性犯罪歴を確認する新制度「日本版DBS」の導入に向け、加害者の性犯罪歴を照会する期間を「10年超」とする方針を固めました。

子どもの安全を考慮し、刑法が定める「刑の効力を失う」期間よりも長く設定されることになります。政府はこの制度の具体的な年限を詰めた上で、早ければ2024年の通常国会に関連法案を提出する計画です。

こども家庭庁の有識者会議では、DBS制度の対象を裁判所で有罪判決を受けた「前科」者とし、雇用主が性犯罪歴の有無を照会できる期間については「一定の上限を設ける必要がある」との結論に至りましたが、具体的な年限は明記されませんでした。

刑法には禁錮以上の刑を受けた場合、執行後10年で刑の言い渡しの効力が失われると規定されています。元々政府はこの刑法の規定に沿って照会期間を10年とする案を検討していましたが、与党内からは性犯罪者の再犯率の高さを理由に、より長期の照会期間が必要という指摘が相次ぎました。

この新たな制度の導入により、子どもたちの安全と加害者の更生とのバランスを図ることが期待されます。ネット上では、「導入が先送りになり批判もあったが、さらに厳しい条件になって良かったと思う」「一度犯罪を犯した人間の経歴が消えるっておかしいことだと思います」「いや、一生でいいのでは?」などの意見が寄せられています。

こども政策担当相「刑法の規定が直接適用されることにはならない」

子どもと接する職場における従業員の性犯罪歴を確認する新制度「日本版DBS」をめぐり、加藤鮎子こども政策担当相は11月24日に性犯罪歴の照会期間について、「10年などの年数内にすることが必ずしも必要となるわけではない」と述べました。こども家庭庁は10年を超えて参照できるようにする方針です。

新制度では、事業者が従業員の性犯罪歴をデータベースで確認できますが、性犯罪歴がある場合でも「雇用を禁じる」などの厳しい規制は設けられません。代わりに、子どもに関わらない業務への配置転換など、「適切な措置」が求められることになります。

このような点について、加藤鮎子こども政策担当相は「刑法の規定が直接適用されることにはならない」と述べ、10年を超える照会期間の設定が可能であることを裏付けています。新制度が子どもの安全を守る一方で、加害者の更生や社会復帰を考慮したバランスの取れた対応が求められています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 森ビルの辻慎吾社長は、東京都港区に位置する「六本木五丁目西地区」の再開発計画について、「都心に森を造…
  2. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「文学界のニューフェイス、生成AI」(ライタ…
  3. 「子どものコミュニケーション教育5選 多様性のある人々とともに社会に貢献する」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どものコミュニケーション力について悩んでいるお母さんお父さんが増えています。今回は、社会人としての…

過去よく見られている記事

  1. 2023-4-29

    男女雇用機会均等法違反でアメックスに220万円の賠償命令 育休明けに部下37人が0人に

    米クレジットカード会社のアメリカン・エキスプレスに勤める女性が、男女雇用機会均等法などに違反するとし…
  2. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る