大阪王将のナメクジ大量発生事件 元従業員が偽計業務妨害罪で起訴

2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが大量に発生している」との内容をX(旧Twitter)に投稿し、大きな話題を呼びました。この投稿は瞬く間に広がり、店舗は休業に追い込まれ、最終的には閉店に至りました。

被告人は同年7月24日、「大阪王将仙台中田店あるある 大きな冷蔵庫の扉と扉の隙間にナメクジ大量にいる」といった文言をXで複数回にわたって投稿。この投稿は結果として、運営会社を一時休業に陥らせるなど、偽計を用いた業務妨害に繋がりました。

被害を受けた店舗側は、「本件投稿によって、投稿を見た第三者が被害店舗に電話するなど対応を迫られ、休業の後に閉店に追い込まれた」と主張しています。

この件について、元従業員の圓谷晴臣被告は偽計業務妨害罪で起訴され、2024年4月24日に仙台地裁で初公判が開かれました。検察側は、圓谷晴臣被告が店長から勤務態度を注意されたことに憤り、復讐として事実を誇張し、炎上させて業務を妨害させようと考えていたと主張しています。また、市保健所の立ち入り調査では、「ナメクジの目撃情報はあるが、大量発生ではない」と結論づけています。

この逮捕報道を受け、ネット上では「内部告発して逮捕されるのはおかしい」「告発内容が事実だったのになぜ」という擁護の声が多く上がりました。このケースは、内部告発の扱いと企業の対応に関する重要な議論を呼ぶ可能性があります。

被告人「業務妨害は認めるが、ウソはついていない」

仙台地方裁判所で開かれた公判において、圓谷晴臣被告は「業務妨害は認めるが、ウソはついていない」と述べました。彼の弁護人も「偽計業務妨害罪の成立は認めます。しかし、被告人は存在していない事実を存在しているように装ってはいません」と主張しました。

検察側は、圓谷晴臣被告の投稿が誇張されていた点を指摘し、「偽計」にあたると判断しています。この事件では、内部告発者の保護が問題となりました。同被告の告発動機が個人的な腹いせであると認められたため、公益通報者保護制度の保護対象外とされたのです。

さらに、被告の行為が不特定多数に晒されたことで、公益通報の要件を満たしていないと問題視されました。市保健所による立ち入り調査の結果、ナメクジは未発見と報告されましたが、被告人は隠ぺい工作が行われたと指摘しています。

次回の公判は6月5日に追起訴審理が予定されており、この問題に対するさらなる審理が行われることになります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  3. 日本製鋼所が、防衛省から装甲車26両を受注したことがわかりました。この受注により、同社の防衛分野の売…

おすすめ記事

  1. 2024-4-17

    スノーピーク、株式公開買い付け成立で上場廃止へ 買い付け総額は約340億円

    スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 上空から見た羽田空港(空撮)

    2024-4-15

    羽田空港の航空保安施設が支える快適な空の旅。安全運航の裏側にせまる

    日本と世界を結ぶ玄関口である羽田空港。今回は、航空機を安全に飛ばすために必要な様々な施設の中から、対…
  3. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る