Google、病気の解明や新薬の開発を加速させる新型AI「アルファフォールド3」を開発

米国のテクノロジー大手Googleは8日、生命活動の核心をなすたんぱく質やDNA、RNAなどの分子構造を予測できる画期的な人工知能(AI)を開発したと発表しました。この技術は、病気の解明や新薬の開発を大幅に加速させる可能性があります。

AI研究開発部門であるGoogleディープマインドのデミス・ハサビス最高経営責任者は、記者会見で「新薬の発見のプロセスを飛躍的に速くできる」と述べています。高精度に予測するAIの名称は「アルファフォールド3」であり、複数の分子がどのように相互作用し、立体構造を形成するかを高精度に予測することが可能です。

このAIを開発する過程においては、既に知られている生体分子のデータを基に学習しているとのことです。従来、分子構造の特定にはX線や顕微鏡などの手法が用いられていました。数ヶ月から数年かかるこれらの方法と比較して、AIを使用することで瞬時に予測が可能になります。

研究成果の応用により、特にがんなどの病気治療や新薬開発において、革新的な進展が期待されています。ネット上では、「研究結果は非常に興味深い」「今度どうなるのか楽しみ」「体調不良、アレルギーの原因などを特定するAIも期待」などの意見が寄せられています。

デミス・ハサビス氏「無料のAIツールとして自由に使用できる」

Googleによって新たに開発されたAI「アルファフォールド3」を使えば、病気に関わる分子の解明やその分子に作用する化合物を見つけるプロセスを短縮できるとのことです。アルファフォールドの開発は2016年に始まり、その成果はすでに高い評価を受けており、多くの科学賞を受賞しています。

Googleディープマインドはアルファフォールド3の開発にあたり、最先端のAI技術を取り入れており、病気のメカニズムや薬の作用を詳しく調べられるとしています。また、デミス・ハサビス氏は、この技術が「無料のAIツールとして自由に使用できる」とコメントし、世界中の研究者がアクセスできるようにしてきました。

これにより、医薬品開発のプロセスが飛躍的に速くなることが予測されます。さらにGoogleはこの技術を発展させ、製薬企業との連携も進めています。AIを用いた創薬は既に多くの企業や大学が競い合う分野であり、その研究はさらに多様なアプローチを生み出しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド
    2024年6月1日(土)にグランドオープンを控える「神戸須磨シーワールド」が、5月28日から報道関係…
  2. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…
  3. 遺伝子改変ブタの腎臓移植を受けたリチャード・スレイマン氏(62)が、手術から約2ヶ月後に亡くなりまし…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 「血液型って4つだけ?組み合わせによって種類は数百万」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2024-3-27

    血液型って4つだけ? 組み合わせによって種類は数百万

    お父さんの血液型がAB型、お母さんがO型。お子さんがO型ってことあるの?血液型は4つしかないの?私た…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る