半導体大手NVIDIA、Microsoftを抜き世界首位に 時価総額は約526兆円

半導体大手NVIDIAが、18日に時価総額で世界首位に躍り出ました。Microsoftを抜き、時価総額は約3兆3,350億ドル(約526兆円)という驚異的な数字を記録しています。

この急成長の背景には、生成AI(人工知能)ブームがあります。NVIDIAは、ChatGPTなどの生成AIの「頭脳」となる半導体で圧倒的なシェアを誇っています。データセンター向けAI半導体市場では、2023年に8割のシェアを握りました。

NVIDIAのジェンスン・ファンCEOは、このAIブームを「新産業革命」と呼び、ネットサービス全体に変革をもたらすと予測しています。実際、生成AIの登場により、検索やSNSといった従来のネットサービスの形が大きく変わる可能性が出てきました。

かつて「GAFA」と呼ばれたGoogle(現Alphabet)、Apple、Facebook(現Meta)、Amazonが主導してきたスマートフォン革命の時代が終わり、新たなAI時代の幕開けを感じさせます。

直近の時価総額ランキングでは、AI戦略で先行するNVIDIAとMicrosoftが上位を占め、AppleやAlphabetを抜き去りました。テクノロジー業界の主役交代が、ここにきて鮮明になってきたといえるでしょう。

NVIDIAの成功の鍵とは?「CUDA」でも存在感を示す

NVIDIAが半導体業界の革命児として躍進を続けています。1993年に台湾出身のジェンスン・ファン氏らが設立した同社は、ゲーム用GPUの開発から始まり、今やAI時代の主役となりました。

NVIDIAの成功の鍵は、GPUのAI応用にあります。複数のデータを同時処理できるGPUの特性が、AI性能を飛躍的に向上させたのです。生産は台湾積体電路製造(TSMC)に委託し、自社は設計に特化する戦略も功を奏しています。

さらに、NVIDIAは「CUDA(クーダ)」というソフトウェアでも存在感を示しています。CUDAは多くの生成AI開発の基盤となっており、いわばAI時代の「Windows」ともいえるでしょう。

高いシェアを背景に価格決定力を持つNVIDIAの粗利益率は約8割に達しています。しかし、この急成長は規制当局の目を引きつけており、米司法省が独占禁止法(反トラスト法)違反の調査準備を始めたとも報じられています。

米国のアナリストは、NVIDIAがAppleやMicrosoftと競い合い、近い将来時価総額4兆ドルを目指すと予測しました。AI革命の先導者として、NVIDIAがどのようにこの課題を乗り越えるか、業界の注目が集まっています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月1日、国産の新型主力ロケット「H3」3号機…
  2. テーマパーク運営のオリエンタルランド(OLC)が、新たな事業の柱としてクルーズ事業に参入します。同社…
  3. 東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_東京報道新聞賞作品
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 東京報道新聞賞受賞作品「地方から、演劇に向き合い続ける」…

おすすめ記事

  1. 2023-11-16

    「横浜刑務所で作ったパスタ」3,500食が矯正展で完売 受刑者が残業するほどの人気に

    11月の3連休に開催された「第51回横浜矯正展」で、横浜刑務所製のフェットチーネ麺が脚光を浴びました…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る