すし銚子丸が回転レーンでの寿司提供を終了 「銚子丸は回転寿司じゃなくなります」

回転寿司チェーンに対する迷惑行為が話題となりました。その迷惑行為などへの対策として、回転寿司チェーンの「すし銚子丸」は、回転レーンを使った寿司の提供を終了すると発表しました。

3月3日にすし銚子丸は公式Twitterで、「銚子丸は回転寿司じゃなくなります」と投稿。続けて「クルクル回るなかから選ぶ楽しみがなくなるのはやはり淋しさがありますが、ご理解いただけますと幸いです。また、お皿の色で価格を覚えているお客様も多くいらっしゃると思いますが、フルオーダー導入後は、商品とお皿の色が必ずしも一致しない場合があります」と、回転レーンでの寿司提供の廃止とシステムの変更を告知しました。

すし銚子丸によると4月26日までに順次、回転レーンを使った寿司の提供を終了し、全店舗でタッチパネルを用いたオーダー制に切り替えるとのことです。

すし銚子丸は先月、共用のガリの箱のなかに電子タバコの吸い殻を入れられるなどの迷惑行為を受け、テーブルに醤油やわさびなどを置かず、客ごとに提供する運用方法に変更しています。さらなる迷惑行為の対策として、今回の回転レーンでの寿司提供の廃止を取り決めたとされます。

なお、回転レーン自体が廃止されるわけではなく、回転レーンを用いた寿司の提供のみが廃止され、商品の紹介POPなどは引き続き流れるとのことです。すし銚子丸は「安心して食事を楽しんでいただけますよう取り組んで参ります」とコメントしました。

この件についてネット上では、「回転寿司の店舗が少なくなってしまうのは残念」「回転レーンから寿司を取る楽しみを奪わないで」という反対意見がある一方で、「いち消費者として、回転レーンの廃止は妥当な判断」「個人的には大歓迎」という賛成意見もあがっています。

ほか回転寿司チェーンも迷惑行為対策を加速

SNSを中心に回転寿司チェーンの迷惑行為が話題になったことで、各社がその対策を加速させています。「くら寿司」は3月2日に、回転レーンでの迷惑行為防止に向けた「新AIカメラシステム」を全店舗に導入したと発表。このシステムは、回転寿司業界で初の試みだとされています。

一方「スシロー」は、店舗における迷惑行為の動画がSNSに掲載されたことを受け、2月3日に「店舗運営方法の一時変更について」を発表しました。内容は以下の通りです。

  1. レーンでは注文された商品のみを提供。商品の注文はタッチパネルから行う
  2. テーブルにある食器や調味料は、希望すればスタッフが交換してくれる
  3. 誤ってレーン上の商品に触れることを減らすため、席とレーンの間に透明なアクリル板を順次設置する

すし銚子丸だけでなく、くら寿司やスシローなど各社チェーンが迷惑行為への対策を講じています。今後の動向にも注目していきます。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 改正プロバイダー責任制限法が5月10日の参院本会議で可決され、成立しました。この改正法により、SNS…
  2. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  3. 13日午前、東京都千代田区にあるつばさの党本部が、警視庁の捜査員によって家宅捜索されました。これは、…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  3. 2024-3-7

    伊藤忠商事がビッグモーターを買収 「ビックリモーター」など新社名の予想始まる

    伊藤忠商事がビッグモーターの買収に向けて、企業再生ファンドと手を組んだ契約を締結したことが明らかにな…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る