Appleが自動運転車の計画目標を引き下げ 「レベル4」から「レベル2+」に

米国のAppleは1月24日、自社の自動運転車プロジェクトの目標を見直し、電気自動車(EV)の発売を2028年に延期すると発表したことが判明しました。もともと完全な自動運転機能を備えた車両の開発を目指していましたが、現在はその目標を縮小し、限定的な機能を持つEVの開発に注力しています。

この変更に伴い、新型EVの発売時期も予定より約2年遅れ、早くて2028年になる見込みです。アップルの広報担当者は、この計画に関してコメントを控える姿勢を見せています。

本プロジェクトは「Titan」や「T172」というコードネームで呼ばれており、責任者の交代や戦略の変更が相次いだことで、プロジェクトの遅延に繋がったようです。

2022年12月時点でのAppleの計画は、2026年までに高速道路でも使用可能な高度な自動運転機能を備えた車を市場に投入するというものでした。しかし、Appleは高度な自動車を近い将来に完成させることはできないと判断し、自動運転技術のレベルを「レベル4」から「レベル2+」に引き下げました。以前はより高度な「レベル5」を目標に掲げていました。

Appleは当初、「レベル5」のEVを2025年に発売予定だった

元々Appleは、場所を問わず完全自動運転を実現する「レベル5」のEVを2025年に発売することを目指していました。しかし、ブルームバーグの報道によると、2022年12月の時点で技術水準を「レベル4」に下げ、発売目標を2026年へと変更しました。

さらにAppleは現在、「レベル2+」へと区分を引き下げる方針です。この自動運転レベルでの運転主体はドライバーであり、常に運転操作を引き継げる状態にあることが求められます。

Appleの自動車は、かつてはハンドルもペダルもないデザインを想定していましたが、現在はそのアイデアすらも棚上げしています。また、緊急時に車を遠隔で制御するリモートコマンドセンターの設置計画も、今回の自動運転レベルの引き下げにより、当面は必要なくなったようです。

同社は欧州の製造パートナーとこの新方針について協議を進めており、市場に初期モデルを投入した後、システムを「レベル4」に改良し、当初の目標に近づける考えです。ブルームバーグの関係者は、「Appleの社員は、この戦略転換がApple Carにとって極めて重要な局面になると考えている」と報じています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「共存か?依存か?生成AIで得られる未来、失…
  2. 「子どものコミュニケーション教育5選 多様性のある人々とともに社会に貢献する」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どものコミュニケーション力について悩んでいるお母さんお父さんが増えています。今回は、社会人としての…
  3. 第4回ライティングコンテスト東京報道新聞賞
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 東京報道新聞賞受賞作品「AIが脇役の世界 ~建設産業界の…

過去よく見られている記事

  1. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  2. 「魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)

    2023-11-5

    魂の殺人と呼ばれる性加害の実情について

    心身に深刻な影響を与え、その後の人生を大きく変えてしまう可能性のある行為である性加害。みなさんはその…
  3. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る