年利4.15%の「アップル銀行」が日本に上陸するとヤバい?地銀離れがさらに加速

米Appleが始めた預金サービス「アップル銀行」が話題を集めています。Appleは現地時間17日、年利4.15%という高金利の預金サービスを開始しました。

自社のクレジットカード「Apple Card」を所有しているユーザー向けのサービスで、手数料や最低残高などの要件がありません。Apple単体で始めた預金サービスではなく、米金融大手のゴールドマン・サックスと提携する形で提供しています。

米国だけでもiPhoneの利用者は1億人以上であり、預金利回りは全米貯蓄口座の10倍以上なので、米国を中心に「アップル銀行」がいま注目されています。シリコンバレー銀行などの金融大手が経営破綻に陥っているなか、Appleはサービス開始後4日間で9億9,000万ドル(約1,350億円)を集めたとのことです。

まだ日本では提供されていませんが、iPhoneの使用率が非常に高いことから、今後上陸する可能性は十分にあります。「アップル銀行」が日本に上陸した場合、多くのAppleユーザーが喜びの声をあげるでしょう。

「アップル銀行」が日本に上陸すると銀行業界が弱体化する

多くのAppleユーザーが「アップル銀行」を求めていますが、経営的に安泰ではない地域銀行がいくつもあることから、地銀離れがさらに加速し、経営不安につながる可能性があります。1つの地銀が経営不安を抱えると、それがほかの銀行にも連鎖し、複数の銀行が経営破綻に陥るリスクが懸念されます。

また、「アップル銀行」が日本に来ればAppleユーザーのニーズを満たすことにつながりますが、金融は国や地域によって規制が存在するため、ニーズがあるからといって簡単に参入できるわけではありません。日本の銀行業界を弱体化させる危険性があることから、日本の金融当局が圧力をかける可能性も考えられます。

とはいえ、国際電気通信連合(ITU)が発表した2021年におけるスマホの普及率は、日本は163%、中国は121%を超えています。またStatCounterが公表した「日本のモバイルベンダー市場シェア 2023年4月」によると、日本ではAppleユーザーが全体の約7割を占めており、多くのユーザーにニーズがあることも事実です。 

ネット上では、「金融危機どころか国民にとっては天国だろう」「預けると利子どころか手数料でマイナスになる日本の銀行はおかしい」「銀行界の黒船といった存在だ」などの意見が寄せられています。今後のAppleの動向に注目が集まります。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. スノーピークは13日、米国の投資ファンドであるベインキャピタルとの間で行われた経営陣による買収(MB…
  2. 「「金融教育」生きるために子どもにこそ必要な教育」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    諸外国と比較して日本の金融教育は、大きく遅れていると言わざるを得ない状況にあります。今回は、日本の資…
  3. 台湾のデジタル発展部長である唐鳳(オードリー・タン)氏の退任が決定しました。5月に就任する卓栄泰・次…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る