ピアニストのフジコ・ヘミング氏が92歳で死去 『ラ・カンパネラ』などで社会現象へ

ピアニストのフジコ・ヘミング氏が4月21日、膵臓がんのため92歳でこの世を去りました。リストの難曲『ラ・カンパネラ』の演奏などで人気を博しました。葬儀は近親者で営み、お別れ会は後日開かれる予定です。

ベルリン生まれの彼女は、スウェーデン人の父と日本人の母のもとで育ち、東京で音楽の才能を磨きました。東京芸術大学を卒業後、ドイツで学び、欧州各地で演奏家としてのキャリアを築いています。

フジコ・ヘミング氏の人生は多くの困難に見舞われましたが、1999年のNHKドキュメンタリー『フジコ〜あるピアニストの軌跡〜』が彼女の波乱に満ちた生涯と復活をクローズアップし、大きな反響を呼びました。同年リリースされたデビューアルバム『奇蹟のカンパネラ』は、クラシック音楽のCDとして異例の売り上げを記録し、彼女の名を世界に知らしめることとなりました。

2023年、彼女は自宅での転倒を機に公演をキャンセルし、今年3月には膵臓がんと診断されています。フジコ・ヘミング氏の情熱的な演奏と彼女が遺した音楽の遺産は、今後も多くの人々に影響を与え続けるでしょう。

フジコ・ヘミング氏とは?5歳からピアノを始める

ベルリンで生まれたフジコ・ヘミング氏は、5歳からピアノの練習を始めました。彼女の音楽教育は母によって手ほどきされ、早くからその才能を示しました。17歳でピアニストとしてのキャリアをスタートさせています。

しかし、重要な演奏会の直前に風邪をこじらせ、耳が全く聞こえなくなるなどの重症を追い、一時はピアニストとして不遇の時代を過ごしています。財団によると、2023年11月に怪我をした際には、一日も早くピアノ演奏に復帰しようと、強い意志を持って治療とリハビリに励んでいたとのことです。

また、今年3月に予定していたニューヨーク・カーネギーホールや日本での公演を楽しみにしていたとされます。「奇蹟の『カンパネラ』を再び弾ける日が来ることをフジコ・ヘミング本人ともども切に祈っておりましたが、もう叶えることはできません。しかし、これから先も、フジコ・ヘミングの魂の演奏の思い出が皆さまの心の中で奏で続けられることを願っております」と財団はコメントしました。

ネット上では、「とてもチャーミングな人だった」「素晴らしいピアニストでしたね」「素晴らしい演奏、ありがとうございました」などのコメントが寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. LINEヤフーとLINE Payは、日本国内における「LINE Pay」のサービスを2025年4月3…
  2. 「利益の少ない小児医療の課題 進まない医療機器開発」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医学の世界でも日々開発されている医療機器。このような医療用の工業製品の開発では製品を作成する工学系の…
  3. IT大手の米Googleは11日、ブラジルで携帯電話の盗難対策となる新機能の提供を発表しました。同国…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2023-11-6

    運転免許の更新講習がオンライン化 ゴールド免許以外でも利用可能に

    北海道、千葉県、京都府、山口県の4道府県で、運転免許の更新講習が新たにオンラインで可能になった試みが…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. 「6月21日は「国際ヨガデー」全日本ヨガ連盟が広めるヨガの本質」(ライター:キュンメル齋藤めぐみ)
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
ページ上部へ戻る