FTX創業者のサム・バンクマン・フリード被告に有罪評決 最大115年の懲役か

FTX創業者のサム・バンクマン・フリード被告(31)は2日、米ニューヨーク市の連邦裁判所から有罪評決が下されました。暗号資産の交換業者であるFTXの経営破綻に関わったとして、詐欺や共謀の罪に問われていました。

サム・バンクマン・フリード被告は深い沈痛な表情を浮かべ、退席する陪審団に立ち上がって頭を垂れています。その後、両親に向けて微笑みを交わしましたが、父のジョー・バンクマン氏は妻バーバラ・フリード氏の肩を抱き、バーバラ・フリード氏は泣き崩れました。

弁護団長は「評決は尊重する。だがこの結果にひどく落胆している」と表明しており、「バンクマン・フリード氏は一貫して無罪を主張しており、罪状に対しては引き続き積極的に争う」としています。量刑の言い渡しは、2024年3月28日と予定されています。

サム・バンクマン・フリード被告は、FTXの顧客からの資金数十億ドルを不正に使用し、関連ヘッジファンドであるアラメダ・リサーチによる詐欺にも関与したとされています。FTXの経営破綻は業界に大きな衝撃を与え、推定100万人の顧客が損害を被った可能性があります。

ネット上では、「会社の金や顧客の金を散々使いこんだんですから罪になるのは当たり前としても、アメリカは刑罰が重いですね」「ちゃんと有罪になることは良いことですね」「全然真っ当に経営出来たと思うんだけど、何でこんな事になったんだろう」などの意見が寄せられています。

「重大な過失があった」と認めたが罪状については無罪を主張

サム・バンクマン・フリード被告は2022年12月に逮捕され、FTXの投資家や顧客などを騙した疑いで裁判にかけられていました。本人は全ての罪状について無罪を主張しましたが、今回、連邦裁判所から有罪評決が下されました。

サム・バンクマン・フリード被告は「重大な過失があった」ことは認めていましたが、だまし取った事実については否定していました。裁判初日には「顧客や従業員など、多くの人々が傷つき、結局、会社は倒産した」「私はいくつかの小さなミスと、いくつかの大きなミスをした」と証言しています。

最終的にサム・バンクマン・フリード被告は、顧客に対する詐欺とその共謀、アラメダの融資元に対する詐欺とその共謀、FTXの投資家に対する証券詐欺の共謀、FTXの顧客に対する商品詐欺の共謀、マネーロンダリングの共謀で起訴されました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米テスラの最高経営責任者(CEO)であるイーロン・マスク氏は23日、投資家向けの電話会議で開発中のヒ…
  2. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  3. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…

おすすめ記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 2024-4-29

    『新潟市水族館 マリンピア日本海』の裏側に密着!災害時における安全管理の取り組みとは?

    令和6年の能登半島地震により、石川県の施設は甚大な被害を受けた。その復興の道のりのなかで、『のとじ…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る