中国バイトダンス、2023年売上高が15兆円超の見込み 米メタの水準へ

中国のIT大手バイトダンスにおける2023年通期の売上高が、なんと1,100億ドル(約15兆6,000億円)を超える見込みです。この数字は、中国のIT大手テンセントの年間売上高約870億ドル(約12兆4,000億円)を上回り、米国のIT大手メタの1,330億ドル(約18兆9,000億円)に迫る勢いです。

バイトダンスの収益源は、主に中国市場をターゲットにした広告事業と電子商取引(EC)事業にあります。特筆すべきは、海外向け動画投稿アプリ「TikTok」の存在で、同アプリは同社の売上高拡大に大きく貢献しています。

米国メディアによると、バイトダンスの2023年上半期の売上高は約540億ドル(約7兆7,000億円)に達し、テンセントの同期間売上高約410億ドル(約5兆8,000億円)を上回っているとのことです。これは、バイトダンスが広告とECの収入で急速に成長していることを示しており、グローバル市場における同社の影響力の拡大を物語っています。

ネット上では、「売上高いんだろうなとは思ってたけど、異次元の売上だ」「売上高はすごいが…」「安全保障上の脅威がある」などの意見が寄せられています。

バイトダンスは2012年3月に創業|TikTokが人気の理由

バイトダンスは2012年3月、中国のテクノロジー界を牽引する企業の1つとして誕生しました。初期は短い動画をシェアするSNSアプリとしてスタートし、後にTikTokへとリニューアルしました。

TikTokは15秒から60秒の短い動画を投稿できるプラットフォームで、音楽やエフェクトを使用してユニークな動画を作成できる機能が特徴です。このアプリは特に若者に人気があり、世界中で1億5,000万人以上のユーザーを獲得しています。

バイトダンスの収益源は多岐にわたります。主に広告事業で収益を得ており、TikTok内での商品販売機能の導入など、新しいビジネスモデルの開拓も行っています。この企業が急速に成長を遂げた背景には、AI技術を用いた高度なコンテンツ提供能力があり、ユーザーの好みに合わせた動画の自動抽出や投稿動画の音声編集など、ユーザーにとって最適な体験を提供できているのです。

また、バイトダンスはグローバル市場での展開を積極的に進め、中国、米国、インドなどの大市場で成功を収めています。多彩な音楽やエフェクトを提供することで、ユーザーに創造性豊かなコンテンツ作成を促しており、多種多様なユーザーが集まるプラットフォームとして世界中で人気を博しています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らは、ヒトのiPS細胞から卵子の元となる「卵原細胞」を大量に作り出す…
  2. DMM.comグループの暗号資産交換業者であるDMM Bitcoin社は5日、グループ内から550億…
  3. DMMグループのDMM Bitcoin社から、約482億円相当のビットコインが流出したことが明らかに…

おすすめ記事

  1. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  2. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏

    2024-3-29

    メディアが市民にくだす判決に異議あり!呼び捨ての実名報道に抗った男性の壮絶な戦い

    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  3. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る