「頂き女子りりちゃん」に懲役13年を求刑 検察側は「卑劣な犯行」と指摘

渡邊真衣被告、通称「頂き女子りりちゃん」の裁判が3月15日に開かれ、検察は被告に対し懲役13年と罰金1,200万円を求刑しました。検察側は「真剣な交際を求める独身男性の心情につけこみ、繰り返し金銭を拠出させた卑劣な犯行」と指摘しています。

渡邊真衣被告は、独身男性を対象に詐欺行為を重ねたほか、詐欺を助けるためのマニュアル販売、さらに約4,000万円の所得税を脱税した罪で起訴されています。検察はこれらの行為を「卑劣な犯行」と断じ、その悪質性を強調しました。

詐欺罪は「10年以下の懲役」、詐欺罪の幇助は「5年以下の懲役」、所得税法違反は「10年以下の懲役」または「1,000万円以下の罰金」の刑罰が定められています。ただし、全ての刑罰が合算されるわけではなく、渡邊真衣被告に対しては最も重い刑の1.5倍までの懲役15年が最大とされています。

ネット上では、「あらゆる負の連鎖を断ち切るために、重罪にするべきだと思います」「確かに飲酒運転など人が亡くなっている罪と比べると重く感じます」「これくらいでもいいと思うけどだったら他の罪も同様に重くして欲しい」など、さまざまな意見が寄せられています。

渡邊真衣被告が詐欺を行ったきっかけ ホストクラブへの没入

渡邊真衣被告はNHKの記者との3回の接見で、性風俗店での勤務やホストクラブへの没入、そして再び性風俗店へ戻った経緯について話しました。渡邊真衣被告はホストからナンバーワンになるための支援を求められ、必要とされることに喜びを感じ、ホストクラブに通う以外の生き方がわからなくなってしまったと述べています。

そのことがきっかけで渡邊真衣被告は、性風俗店の客に恋愛感情を抱かせて金を詐取したとのことです。「頂き女子」としてSNSで注目を集め、自作のマニュアルを販売したとも述べています。「マニュアルはわかりやすく簡単なことばを選んだ。フォロワーから必要とされることに存在意義を見いだしていた」とコメントしています。

また、渡邊真衣被告が詐欺で得た金銭と知りつつ、飲食代として約909万円を受け取ったホストは組織犯罪処罰法違反の罪に問われています。ホスト側については、女性客に高額な飲食代を支払わせるために売春等を強要していたという問題がありますが、飲食代を受け取る行為そのものの刑事責任は追及しにくい状況でした。

そんな状況の中、飲食代を犯罪収益の移転と見なし組織犯罪処罰法を適用したことは、社会問題に対する新たなアプローチとされ注目されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 「医師の行政処分 34年間で800人は基準が甘い?」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    医師は人々を病気の脅威から守り、人の命を助ける大切な職業の一つですが、医師の行政処分は34年間で80…
  2. LINEヤフーはLINE利用者の大規模な情報漏えい問題を受けて、原因とされる韓国企業ネイバーとの業務…
  3. 国立がん研究センターが28日、教育と健康の関連性に関する驚きの研究結果を発表しました。この研究では、…

過去よく見られている記事

  1. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  2. 2024-3-15

    板橋第十小学校が描く子どもたちの「人生設計」アーティストとの対話を通して未来への夢を具体化

    2024年3月1日、板橋第十小学校の4年生100人とアート関係者100人が集結したイベント「3Mプロ…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-25

    AIで変わる未来と変わらない私達

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「AIで変わる未来と変わらない私達」(ライタ…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る