大阪市民1人あたりに約1万9,000円の負担 大阪・関西万博の会場建設費

2025年に開催予定の大阪・関西万博の会場建設費が、最大約2,350億円まで増額される見通しになったことについて、14日に大阪市の横山英幸市長は市議会の特別委員会で謝罪しました。この結果、大阪市民1人あたりに約1万9,000円の負担が予想されています。

2020年には会場デザインの変更などにより、建設費は当初の1,250億円から600億円増加し、1,850億円となりました。その後、資材価格の高騰などの影響で、さらに500億円上振れした最大2,350億円となる試算が報告されています。

この追加費用について、大阪府の吉村知事と横山英幸市長は11月1日に「予想できなかった物価の高騰などが影響した。やむを得ない」と発言し、追加負担を受け入れる姿勢を示しています。関西経済連合会などもこれに賛同しています。

さらに国も建設費の増額を了承し、追加負担を容認する方針です。この増額が大阪市民にどのような影響を及ぼすのか、今後の動向に注目が集まります。

ネット上では、「お金の使い方間違っています」「思ったより随分大きな負担だね」「いずれにしても節操のない政党だと思われます」などの意見が寄せられています。

横山英幸市長「万博の経済波及効果は約2兆円と想定」

14日、大阪市議会の万博推進特別委員会が開催され、2025年大阪・関西万博の会場建設費増額について万博協会側から、維新、公明、自民の議員らに対して経緯の説明が行われました。

その後、横山英幸市長も参加して質疑応答に進み、「二度目の上振れについてお詫び申し上げます」と市長が陳謝しました。また、議員から大阪市民1人あたりの負担に関する説明を求める質問があり、担当者からこの負担の内訳として、総額2,350億円のうち大阪市の負担額が約392億円(1人あたり約1万4,000円)、府民負担が約4,000円、国民負担が約600円となり、合計で約1万9,000円の負担になることが説明されました。

横山英幸市長は「市民の皆さんに追加の負担を求めることに至った点につきまして重く受け止めています」と発言し、その上で万博の経済効果についての理解を促進するために全力で努める考えを示しました。万博の経済波及効果については、国の試算などでは約2兆円と想定されています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 神戸須磨シーワールド 公式テーマソングLIVE
    2024年5月30日(木)に、神戸須磨シーワールドの関係者およびメディア向けに、シンガーソングライタ…
  2. トヨタ自動車が、2015年に国際オリンピック委員会(IOC)と締結した最高位スポンサー契約について、…
  3. 神戸須磨シーワールドグランドオープン
    2024年6月1日(土)、西日本初となるシャチのパフォーマンスを楽しめる水族館「神戸須磨シーワールド…

おすすめ記事

  1. WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)の社名看板

    2024-4-19

    WILLER EXPRESSの「新木場BASE」から見える安全に対する徹底した取り組み

    WILLER EXPRESS株式会社(ウィラーエクスプレス)は、お客様に安心・安全な移動サービスを提…
  2. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る