LINEヤフーの情報漏えい問題、韓国企業ネイバーとの業務委託関係を見直す方針

LINEヤフーはLINE利用者の大規模な情報漏えい問題を受けて、原因とされる韓国企業ネイバーとの業務委託関係を見直す方針を固めました。この漏えいは約51万9,000件に及ぶと見られ、総務省からの指摘により、ネイバーに対する管理監督が不十分であったことが明らかになっています。

総務省は、再発防止策を4月1日までに報告することをLINEヤフーに要求しており、同社はこの業務委託の内容を段階的に縮小することを検討中です。ネイバーはLINEのサービス開始当時から技術支援を提供してきた企業であり、現在までLINEヤフーとの関係が継続しています。

総務省はLINEヤフーの親会社として50%を出資している資本関係の見直しも求めており、LINEヤフーはSoftBankと共にネイバーとの協議を進める予定です。この一連の動きは、大規模な情報漏えい問題に対する対応策として、業務委託関係の見直しと資本構造の調整が進んでいることを示しています。

ネット上では、「TikTokとLINEを規制するべき」「いつも流出してるよな」「高額なペナルティを課さないと駄目」など、批判的な意見が多く寄せられています。

ネイバーを通じた不正アクセスで合計51万9,000件の情報漏えい

LINEヤフーは2023年11月、「LINE利用者、取引先、従業員などの個人情報44万件が流出した可能性がある」として、ネイバーを通じて第三者による不正アクセスが発生したと報告しました。

この個人情報流出問題では、最初に44万件が不正アクセスにより流出した可能性があると公表され、その後の調査でさらに7万9,000件が追加され、合計で51万9,000件に上ることが判明しました。

この当時、LINEヤフーは「ネイバー・クラウドと共に業務を委託している会社の社員がサイバー攻撃を受けた。このためネイバーと一部システムを共有するLINEヤフーにも被害が発生したものとみられる」と事態を説明しています。大規模な情報漏えいが発生したことで、LINEヤフーとネイバーに対して批判的な意見が多く寄せられました。

この問題の根本原因は、関連会社のネイバーを介したサイバー攻撃と、ネイバーに対する不十分な管理監督にあります。総務省はこの事件を受けて、LINEヤフーに再発防止を促す行政指導を行い、再発防止策の報告を求めました。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 米国のバイデン政権は、気候変動に対抗するための一環として、2027年から自動車排気ガスの基準を段階的…
  2. 東京農工大学の高田秀重教授率いる研究グループは、国内で採取された人々の血液内に、直径千分の1ミリ以下…
  3. オーストリアに本拠を置くミガルー社は、革新的な「潜水艦型スーパーヨット」のデザイン、「Migaloo…

過去よく見られている記事

  1. 第4回ライティングコンテスト佳作

    2024-2-26

    時代の転換点に常に立たされてきた私たち

    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「時代の転換点に常に立たされてきた私たち」(…
  2. 青森矯正展(主催:青森刑務所・青森少年鑑別所/共催:公共財団法人 矯正協会の刑務作業協力事業部)の入口

    2023-8-27

    受刑者の日常が丸ごとわかる「青森矯正展」とは?刑務所のカレー・ムショ飯(むしょめし)も体験

    『青森矯正展』は年に一度、7月の第2日曜日に開催されるイベントです。青森刑務所と、青森少年鑑別所が主…
  3. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る