国際刑事裁判所がロシアのプーチン大統領に逮捕状 国際法上の戦争犯罪にあたる

オランダ・ハーグにある国際刑事裁判所(ICC)は17日、ウクライナからの子供の拉致に関与した疑いがあるとして、ロシアのプーチン大統領に逮捕状を出したと明らかにしました。

逮捕状が出たからと言って、在任中に身柄拘束を経て公判に至る可能性は高くありませんが、世界からの評価を大きく揺るがす1件となりました。この逮捕状に対し、ロシア側は強く反発しています。

ロシアのプーチン大統領のほか、子どもの権利などを担当するマリヤ・リボワベロワ大統領全権代表にも、戦争犯罪の疑いで逮捕状が出されています。ロシアが占領したウクライナの地域からは、多くの子どもたちがロシア側に移送されており、これが国際法上の戦争犯罪にあたるとして、裁判所はプーチン大統領らに責任を求めました。

ICCのカーン主任検察官は、「こうした行為は、子どもたちをウクライナから永久に連れ去ろうとする意思を示している」とコメントしています。しかし、ロシア大統領府のペスコフ報道官は、国内メディアに対して「言語道断で容認できない。この種のいかなる決定も法律上の観点からロシアでは無効だ」と述べ、ICCの判断を非難しました。

ロシア前大統領「プーチン氏の逮捕を試みれば宣戦布告になる」

ロシアのメドベージェフ前大統領は23日、プーチン大統領に逮捕状が出た件について、「プーチン氏の逮捕を試みればロシアに対する宣戦布告になる」と述べました。また、メドベージェフ前大統領は国内メディアに対し、ICCは法的根拠のない組織であり、これまで重要なことは何もしていない、と主張しています。

一方で、オーストリア法務省は24日、ロシアのプーチン大統領が自国を訪れれば逮捕する必要がある、という意見を示しました。

2022年4月にネハンマー首相はプーチン大統領と対面で会談するなど、オーストリアとロシアの関係性は悪くありませんでした。しかし、オーストリアは中立国であり、それに加えICC加盟国でもあるため、「協力する義務がある。逮捕状は執行しなければならない」と逮捕する意思を示しています。

また、スーダンの前大統領の逮捕状を前例として「国家元首でも免責は適用されない」と、プーチン大統領に対する見解を述べました。

今回の1件を受けてネット上では、「プーチン大統領が逮捕されるされないに限らず、国際刑事裁判所がここまで批判していることが重要」「この1件でロシアはさらに孤立するのでは?」「ロシアは外交上の大打撃となった」などの意見が寄せられています。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 台湾のデジタル発展部長である唐鳳(オードリー・タン)氏の退任が決定しました。5月に就任する卓栄泰・次…
  2. 「子どもの医療費 その背後にある過剰医療と不要な受診」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    子どもの健康と安全を守るために、多くのケースで子どもの医療費は「無料化」され、非常に手厚い国からの補…
  3. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏
    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…

おすすめ記事

  1. 第3回昭島矯正展の入り口のアーチ

    2023-10-25

    刑務所ってどんな場所?「昭島矯正展」が伝える受刑者更生の日々

    2023年9月24日(日)、およそ3年ぶりに昭島矯正展が開催されました。当日の様子をイベントレポート…
  2. 東京報道新聞が法務大臣から拝受した感謝状(2024年2月)

    2024-3-6

    法務大臣感謝状を拝受しました(更生保護事業への取り組みについて)

    2024年2月19日、株式会社東京報道新聞社は、法務大臣感謝状を拝受。法務大臣からの感謝状とは、「社…
  3. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る