【募集中】第5回ライティングコンテスト企画

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

第5回ライティングコンテスト企画
【コンテスト企画】テーマにまつわる記事の募集を開始します。
下記詳細をご覧ください。

<目次>

コンテスト概要

東京報道新聞では、2024年4月に『第5回ライティングコンテスト』を開催いたします。
第5回のテーマは「取材ライターへ挑戦しよう」です。

近年、生成AIの進化により、ライターには単なる文章力だけでなく、確かな取材力が求められるようになってきました。今回のコンテストでは、「ヒト」「モノ」「コト」のいずれかをテーマとして実際に取材を行い、皆さんの視点で切り取ったストーリーを文章にしていただきます。ぜひこの機会に、取材の達人を目指し、ライターとしての創作力を高めましょう。

例)

「ヒト」
・毎朝欠かさずに街のごみ拾いをしている田中さん(仮名)にインタビュー。5年前から1日も休まず活動を続ける田中さんが、ごみ拾いを始めたのは、孫のひと言がきっかけだったそう。今では街の名物おじいちゃんとして、田中さんは人々から愛されています。

「モノ」
・私の住む地域では、美味しいさくらんぼが名物です。地元のマーケットやイベントで販売され、県外からも大勢が買いにくるほど人気があるのが、地元の農家による手作りのさくらんぼジャム。無添加にこだわり、一つひとつハンドメイドで丹念に仕上げるその製造工程に密着。

「コト」
・近所に、地元のアーティストたちの作品を展示するカフェがあります。このカフェでは、定期的にアートイベントやワークショップが開催され、アーティストと訪れる人々が直接交流する機会があります。ある日のワークショップに参加し、アーティストと交流した模様をレポートします。

ライティングのレベルや、プロ・アマ問わずご応募いただけますので、ぜひ皆さんの素敵な作品をお待ちしております。

応募規定

・作品の文字数は1,500〜3,000文字におさまるようにお願いします
・ご応募はおひとり様1作品までとさせていただきます
・ファイルの形式は、Microsoft wordに限ります
・作品のタイトルは必ずつけてください。見出しや体裁などは自由です
・ご応募いただいた後に修正した場合、直近の作品が選考対象となります
・明らかな誤字脱字などがあった場合、編集部で修正をする場合があります
・他作品のコピペは厳禁です。チェックツールを使用していますので、コピペが発覚した場合、審査の対象外となります
・他の文章を引用する場合は、引用のルールを守ってください
・取材する際に、掲載が可能かどうかの許可を確認してください
・過去1年以内に取材した記事であること

<禁止行為>

禁止行為があったと編集部で判断した場合、本人に通知することなく、応募がなかったものとみなす場合があります。
・複製、盗用その他第三者の著作権を侵害するもの。他人の文章を引用する場合は、引用のルールを守ってください
・著作権以外の第三者の権利を侵害するもの
・自身が扱う商品やサービスの紹介記事
・有償無償を問わず他人から依頼を受けた商品やサービスの紹介記事
・取材元に対して、弊社の許可なく東京報道新聞の取材と名乗ること

エントリー方法

テキスト原稿:エントリー用のメールアドレスに、作品を掲載したWordファイルを添付してください

※リンクのURLを表記することはできますが、記事中に埋め込むことはできません。また、動画やSNSも同様に埋め込むことはできません

画像:画像がある場合、テキスト内に画像の入る位置を記載いただき、画像をzipファイルなどにまとめて、テキスト原稿と一緒にメール添付してください(jpegファイルに限ります)

※画像やイラストは、著作権・肖像権・商標権・プライバシーなど、第三者の権利を侵害しないものに限ります(※キャラクターの模写、著名人の似顔絵などはNG)
※画像サイズは、1200×675ピクセル以上でお願いします。

エントリーフォーマット

件名:第5回ライティングコンテスト<作品のタイトル>
本文
①氏名

②記事掲載時の名前(氏名もしくはペンネームも可)
※どちらも記載してほしくない場合はその旨を明記してください。

③何を見て応募したか?
→公募サイト/ホームページ/X(旧Twitter)/note他
※X、noteの場合、アカウント名の記載をお願いします。
 公式アカウントのフォローもよろしくお願いします。

④取材対象に、掲載許可を得ているか?

エントリー先メールアドレス
contact@tokyonewsmedia.com

応募資格

・性別や年齢は問いません
・他のSNSやブログなどに掲載・投稿していないコンテンツに限ります
・日本語で書かれた作品に限ります
・日本在住の方

応募期間

応募開始日:2024年4月14日
応募締切日:2024年5月31日23時59分まで

公式アカウント

公式アカウントを通じて様々な情報交換などやりとりができればと思いますのでフォローをお願いします。

LINE公式
https://lin.ee/BqH7ZiH2

X(旧Twitter)公式
https://twitter.com/tokyonewsmedia

note公式
https://note.com/tokyonewsmedia

結果発表

2024年6月末
東京報道新聞のホームページでの発表をもってかえさせていただきます

賞の内容

【優秀賞】1名
Amazonギフト券 3万円分

【特別賞】1名
Amazonギフト券 1万円分

【東京報道新聞賞】1名
Amazonギフト券 5,000円分

【佳作】若干名
東京報道新聞の公式HPにて作品を公開いたします

※応募いただいたメールアドレスにAmazonギフト券のコードをお送りいたします(実物の発送はいたしかねます)

※優秀なライターの方には、今後、東京報道新聞に掲載する記事の執筆を依頼する場合がございます

主催

株式会社東京報道新聞社

作品の著作権

・ご応募いただいた作品の著作権は応募者自身に帰属しますが、応募者は東京報道新聞がホームページ等の電子媒体で期間の制限なく使用すること(使用に必要な複製、改変を含む。)を許諾するものとします。
・応募者は東京報道新聞に対して応募した作品について著作者人格権を行使しないことを許諾するものとします。

他注意事項

・受賞権利の換金および他者への譲渡はできません
・落選された場合、ご本人への連絡はいたしません
・連絡先不明などで賞品をお届けできない場合、受賞が無効となりますのでご注意ください
・選考内容の詳細はお答えできかねます
・作品に他人の著作権侵害や誹謗中傷等の第三者の権利を侵害する内容が含まれる場合、応募者が責任を負います。

個人情報について

頂戴した個人情報は以下の目的のために利用いたします。
・本コンテストに関する事項(お問い合わせや当選発表等)
・ライター募集やライティング業務に関するご連絡

最近のおすすめ記事

  1. 2022年7月、宮城県仙台市の飲食チェーン「大阪王将仙台中田店」で勤務していた元従業員が「ナメクジが…
  2. 京都大学発のスタートアップであるトレジェムバイオファーマ(京都市)は、9月から歯を生やす抗体医薬品の…
  3. 俳優の河合優実氏が主演した山中瑶子監督の映画『ナミビアの砂漠』が、第77回カンヌ国際映画祭で国際映画…

過去よく見られている記事

  1. 第48回府中刑務所文化祭が2023年11月3日に開催された府中刑務所

    2023-12-9

    プリズンツアーが大人気!来場者1.5万人の府中刑務所文化祭とは?

    「府中刑務所文化祭」は年に一度(2023年は11月3日)、府中刑務所により開催される今回で48回目の…
  2. 一般社団法人Colabo 代表・仁藤夢乃氏の裁判

    2024-1-23

    一般社団法人Colabo代表・仁藤夢乃氏「支援を必要とする女性がいる」裁判での弁論(2024年1月23日)

    2024年1月23日14時から、原告である一般社団法人Colabo代表である仁藤夢乃氏から、被告であ…
  3. 横須賀刑務支所に建てられた第31回横須賀矯正展(2023年10月29日開催)の看板

    2023-12-8

    横須賀矯正展とは?刑務所内のブルースティックの生産工場も見学できる

    横須賀矯正展は年に一度、横須賀刑務支所により開催される刑務所イベントで、今回で31回目。横須賀刑務支…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る