「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

2024年4月22日14時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の裁判が開かれ、懲役9年と罰金800万円の判決。渡辺真衣被告が、恋愛感情を背景に多くの男性からおよそ1億5,500万円をだまし取った罪として、検察は懲役13年と罰金1,200万円を求刑していました。

名古屋地方裁判所での整理券配布に並んでいる人の様子
裁判が行われた名古屋地裁には、313人が傍聴券を求めて並んでいました。

事件の概要

「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告のYouTube動画
「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(本人のYouTube動画より)

SNS上で「頂き女子りりちゃん」を自称していた渡辺被告(25)は、男性3人に恋愛感情を抱かせた上、金に困っているなどとうそを言っておよそ1億5,500万円をだまし取った詐欺の罪や、詐欺を助けるための“恋愛マニュアル”を販売、さらに約4,000万円の所得税を脱税した罪に問われていました。

渡辺被告は、ホストからナンバーワンになるための支援を求められ、必要とされたことをきっかけに、性風俗店の客に恋愛感情を抱かせて金を詐取したとのことです。その後、「頂き女子りりちゃん」としてSNSで注目を集めるようになり、自作の恋愛詐欺マニュアルを販売したという経緯があります。

弁護士は「被告はホストに利用されたにすぎない」として減刑するよう主張していました。

また、渡辺被告が支援していた元ホストの田中裕志被告は、渡辺被告が男性からだまし取った犯罪収益だと知りながら、飲食代として909万円を受け取ったとされ、組織犯罪処罰法違反などの罪に問われています。

頂き女子りりちゃんについて、これまでの経緯の詳細を知りたい方は他の記事もお読みください。

関連記事

コメントは利用できません。

最近のおすすめ記事

  1. 17日、離婚後も共同親権を可能にする改正民法が参院本会議で賛成多数により可決されました。これは、18…
  2. 衆議院東京15区の補欠選挙で「つばさの党」陣営が他陣営の演説を妨害したとして、警視庁は3人を公職選挙…
  3. 19日にイランでヘリコプターが墜落し、ライシ大統領やアブドラヒアン外相ら搭乗者全員が死亡しました。こ…

おすすめ記事

  1. 「薬物乱用防止教室」の講義で講師をする元千葉県警・警部補、一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントの森雅人氏

    2024-4-22

    「ダメ、絶対!」元千葉県警刑事の森雅人氏が高校生向けに薬物の危険性について講義を実施

    元千葉県警・警部補であり、現在は一般社団法人日本刑事技術協会の上級コンサルタントとして活躍する森雅人…
  2. 2023-10-31

    「頂き女子りりちゃん」が3度目の逮捕 だまし取る手口をマニュアル化 被害総額は2億円以上

    「頂き女子りりちゃん」と名乗り、恋愛感情を背景に多くの男性から現金をだまし取ったとして渡辺真衣容疑者…
  3. 2023-11-9

    NASAがボイジャー2号のソフトウェアを更新 探査機までの距離はおよそ193億km

    NASAは長期間にわたり宇宙の深遠へと旅しているボイジャー2号の最新の状況を公表しました。ボイジャー…

【募集中】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

インタビュー

  1. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
  2. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  3. 青森刑務所で受刑者に講話を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
ページ上部へ戻る