【募集終了】第4回ライティングコンテスト企画

第4回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

コンテスト概要

東京報道新聞では、2023年12月に『第4回ライティングコンテスト』を開催いたします。
第4回のテーマは「生成AIによって変わる未来」です。

生成AIの技術が急速に進化し、私たちの生活や社会に多大な影響を与えています。今回のライティングコンテストでは、AIがもたらす未来の変化に焦点を当てた記事を作成いただきます。たとえば、「AIが仕事や日常生活にもたらす変化」「AI技術が解決する社会問題」「人間とAIの共生の未来像」など、生成AIと未来に関するさまざまな角度から、自由に文章を創作してください。

例)
・近い将来、AIは家事からビジネスの意思決定まで幅広い分野で活躍する。仕事とプライベートのバランスが改善され人々の生活の質が向上したことで、特にアートやクリエイティブの分野で活躍する人材が増える。

・AIによる自動化は、新たな社会問題を引き起こす可能性がある。学校で生徒によるAIの活用がますます進み、子供の言語能力が著しく低下。EUに倣って日本も法律での規制が叫ばれる。

ライティングのレベルや、プロ・アマ問わずご応募いただけますので、ぜひ皆さんの素敵な作品をお待ちしております。

応募規定

・作品の文字数は1,500〜3,000文字におさまるようにお願いします
・ご応募はおひとり様1作品までとさせていただきます
・ファイルの形式は、Microsoft wordに限ります
・作品のタイトルは必ずつけてください。見出しや体裁などは自由です
・ご応募いただいた後に修正した場合、直近の作品が選考対象となります
・明らかな誤字脱字などがあった場合、編集部で修正をする場合があります
・他作品のコピペは厳禁です。チェックツールを使用していますので、コピペが発覚した場合、審査の対象外となります
・他の文章を引用する場合は、引用のルールを守ってください

エントリー方法

テキスト原稿:エントリー用のメールアドレスに、作品を掲載したWordファイルを添付してください

※リンクのURLを表記することはできますが、記事中に埋め込むことはできません。また、動画やSNSも同様に埋め込むことはできません

画像:画像がある場合、テキスト内に画像の入る位置を記載いただき、画像をzipファイルなどにまとめて、テキスト原稿と一緒にメール添付してください(jpegファイルに限ります)

※画像やイラストは、著作権・肖像権・商標権・プライバシーなど、第三者の権利を侵害しないものに限ります(※キャラクターの模写、著名人の似顔絵などはNG)
※画像サイズは、1200×675ピクセル以上でお願いします。

件名:第4回ライティングコンテスト<作品のタイトル>
本文
①氏名

②記事掲載時の氏名(氏名もしくはペンネームも可)
※どちらも記載してほしくない場合はその旨を明記してください。

③何を見て応募したか?
→公募サイト/ホームページ/X(旧Twitter)/note他

エントリー先メールアドレス
contact@tokyonewsmedia.com

応募資格

・性別や年齢は問いません
・他のSNSやブログなどに掲載・投稿していないコンテンツに限ります
・日本語で書かれた作品に限ります
・日本在住の方

期間

応募開始日:2023年12月16日
応募締切日:2024年1月31日23時59分まで

公式アカウント

公式アカウントを通じて様々な情報交換などやりとりができればと思いますのでフォローをお願いします。

LINE公式
https://lin.ee/BqH7ZiH2

X(旧Twitter)公式
https://twitter.com/tokyonewsmedia

note公式
https://note.com/tokyonewsmedia

結果発表

2024年2月末
東京報道新聞のホームページでの発表をもってかえさせていただきます

賞の内容

【優秀賞】1名
Amazonギフト券 3万円分

【特別賞】1名
Amazonギフト券 1万円分

【東京報道新聞賞】1名
Amazonギフト券 5,000円分

【佳作】若干名
東京報道新聞の公式HPにて作品を公開いたします

※応募いただいたメールアドレスにAmazonギフト券のコードをお送りいたします(実物の発送はいたしかねます)

※優秀なライターの方には、今後、東京報道新聞に掲載する記事の執筆を依頼する場合がございます

主催

株式会社東京報道新聞社

作品の著作権

・ご応募いただいた作品の著作権は応募者自身に帰属しますが、応募者は東京報道新聞がホームページ等の電子媒体で期間の制限なく使用すること(使用に必要な複製、改変を含む。)を許諾するものとします。
・応募者は東京報道新聞に対して応募した作品について著作者人格権を行使しないことを許諾するものとします。

他注意事項

・受賞権利の換金および他者への譲渡はできません
・落選された場合、ご本人への連絡はいたしません
・連絡先不明などで賞品をお届けできない場合、受賞が無効となりますのでご注意ください
・選考内容の詳細はお答えできかねます
・作品に他人の著作権侵害や誹謗中傷等の第三者の権利を侵害する内容が含まれる場合、応募者が責任を負います

個人情報について

頂戴した個人情報は以下の目的のために利用いたします。
・本コンテストに関する事項(お問い合わせや当選発表等)
・ライター募集やライティング業務に関するご連絡

最近のおすすめ記事

  1. 「子どもの隠れた才能「非認知能力」 「GRIT」(やり抜く力)について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    学校で学ぶ知識や論理的思考などの「認知能力」は子どもの能力の一端にすぎません。最近は、性格や態度、行…
  2. 「コロナ禍で病床数逼迫 日本の「医療資源」について」ライター:秋谷進(東京西徳洲会病院小児医療センター)
    コロナ禍において、日本の医療体制に対する様々な議論が交わされるようになりました。その中でテレビや新聞…
  3. 日本の宇宙開発を担う宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月1日、国産の新型主力ロケット「H3」3号機…

過去よく見られている記事

  1. 東京報道新聞が取材した青森刑務所でムショ飯の献立を考える管理栄養士さん

    2024-1-29

    刑務所の食事ってどんなもの?青森刑務所の管理栄養士に聞く令和の「ムショ飯」

    刑務所の中の食事というと、”臭い飯”というイメージを持っていた人もいるかもしれませんが、最近では「務…
  2. 「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣(わたなべまい)被告の裁判で懲役9年罰金800万円が言い渡された名古屋地方裁判所

    2024-4-22

    「頂き女子りりちゃん」こと渡辺真衣被告(25)に懲役9年罰金800万円の判決(2024年4月22日)

    2024年4月16日11時から名古屋高地裁で、自称「頂き女子りりちゃん」(本名:渡辺真衣)の判決裁判…
  3. 横須賀刑務支所に建てられた第31回横須賀矯正展(2023年10月29日開催)の看板

    2023-12-8

    横須賀矯正展とは?刑務所内のブルースティックの生産工場も見学できる

    横須賀矯正展は年に一度、横須賀刑務支所により開催される刑務所イベントで、今回で31回目。横須賀刑務支…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第5回ライティングコンテスト_結果発表

【終了】コンテスト

第5回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

インタビュー

  1. 受刑者のアイドル・Paix²(ぺぺ)の北尾真奈美さんと井勝めぐみさん
    デビュー直後から精力的に矯正施設で「プリズンコンサート」を行い続けている女性デュオ・Paix²(ぺぺ…
  2. 過去に海外で行われたヨガ
    来たる6月21日に行われる「国際ヨガデー」。インドのナレンドラ・モディ首相の提案により、2014年に…
  3. ゴミ収集車の死亡事故による呼び捨てでの実名報道で訴訟を起こした品野隆史氏
    現在メディアでは、事件に関して疑いのある人の実名報道では「容疑者」を呼称でつけていますが、1989年…
ページ上部へ戻る