【募集終了】第4回ライティングコンテスト企画

第4回ライティングコンテスト(東京報道新聞)

コンテスト概要

東京報道新聞では、2023年12月に『第4回ライティングコンテスト』を開催いたします。
第4回のテーマは「生成AIによって変わる未来」です。

生成AIの技術が急速に進化し、私たちの生活や社会に多大な影響を与えています。今回のライティングコンテストでは、AIがもたらす未来の変化に焦点を当てた記事を作成いただきます。たとえば、「AIが仕事や日常生活にもたらす変化」「AI技術が解決する社会問題」「人間とAIの共生の未来像」など、生成AIと未来に関するさまざまな角度から、自由に文章を創作してください。

例)
・近い将来、AIは家事からビジネスの意思決定まで幅広い分野で活躍する。仕事とプライベートのバランスが改善され人々の生活の質が向上したことで、特にアートやクリエイティブの分野で活躍する人材が増える。

・AIによる自動化は、新たな社会問題を引き起こす可能性がある。学校で生徒によるAIの活用がますます進み、子供の言語能力が著しく低下。EUに倣って日本も法律での規制が叫ばれる。

ライティングのレベルや、プロ・アマ問わずご応募いただけますので、ぜひ皆さんの素敵な作品をお待ちしております。

応募規定

・作品の文字数は1,500〜3,000文字におさまるようにお願いします
・ご応募はおひとり様1作品までとさせていただきます
・ファイルの形式は、Microsoft wordに限ります
・作品のタイトルは必ずつけてください。見出しや体裁などは自由です
・ご応募いただいた後に修正した場合、直近の作品が選考対象となります
・明らかな誤字脱字などがあった場合、編集部で修正をする場合があります
・他作品のコピペは厳禁です。チェックツールを使用していますので、コピペが発覚した場合、審査の対象外となります
・他の文章を引用する場合は、引用のルールを守ってください

エントリー方法

テキスト原稿:エントリー用のメールアドレスに、作品を掲載したWordファイルを添付してください

※リンクのURLを表記することはできますが、記事中に埋め込むことはできません。また、動画やSNSも同様に埋め込むことはできません

画像:画像がある場合、テキスト内に画像の入る位置を記載いただき、画像をzipファイルなどにまとめて、テキスト原稿と一緒にメール添付してください(jpegファイルに限ります)

※画像やイラストは、著作権・肖像権・商標権・プライバシーなど、第三者の権利を侵害しないものに限ります(※キャラクターの模写、著名人の似顔絵などはNG)
※画像サイズは、1200×675ピクセル以上でお願いします。

件名:第4回ライティングコンテスト<作品のタイトル>
本文
①氏名

②記事掲載時の氏名(氏名もしくはペンネームも可)
※どちらも記載してほしくない場合はその旨を明記してください。

③何を見て応募したか?
→公募サイト/ホームページ/X(旧Twitter)/note他

エントリー先メールアドレス
contact@tokyonewsmedia.com

応募資格

・性別や年齢は問いません
・他のSNSやブログなどに掲載・投稿していないコンテンツに限ります
・日本語で書かれた作品に限ります
・日本在住の方

期間

応募開始日:2023年12月16日
応募締切日:2024年1月31日23時59分まで

公式アカウント

公式アカウントを通じて様々な情報交換などやりとりができればと思いますのでフォローをお願いします。

LINE公式
https://lin.ee/BqH7ZiH2

X(旧Twitter)公式
https://twitter.com/tokyonewsmedia

note公式
https://note.com/tokyonewsmedia

結果発表

2024年2月末
東京報道新聞のホームページでの発表をもってかえさせていただきます

賞の内容

【優秀賞】1名
Amazonギフト券 3万円分

【特別賞】1名
Amazonギフト券 1万円分

【東京報道新聞賞】1名
Amazonギフト券 5,000円分

【佳作】若干名
東京報道新聞の公式HPにて作品を公開いたします

※応募いただいたメールアドレスにAmazonギフト券のコードをお送りいたします(実物の発送はいたしかねます)

※優秀なライターの方には、今後、東京報道新聞に掲載する記事の執筆を依頼する場合がございます

主催

株式会社東京報道新聞社

作品の著作権

・ご応募いただいた作品の著作権は応募者自身に帰属しますが、応募者は東京報道新聞がホームページ等の電子媒体で期間の制限なく使用すること(使用に必要な複製、改変を含む。)を許諾するものとします。
・応募者は東京報道新聞に対して応募した作品について著作者人格権を行使しないことを許諾するものとします。

他注意事項

・受賞権利の換金および他者への譲渡はできません
・落選された場合、ご本人への連絡はいたしません
・連絡先不明などで賞品をお届けできない場合、受賞が無効となりますのでご注意ください
・選考内容の詳細はお答えできかねます
・作品に他人の著作権侵害や誹謗中傷等の第三者の権利を侵害する内容が含まれる場合、応募者が責任を負います

個人情報について

頂戴した個人情報は以下の目的のために利用いたします。
・本コンテストに関する事項(お問い合わせや当選発表等)
・ライター募集やライティング業務に関するご連絡

最近のおすすめ記事

  1. 新興企業ニューラリンクの創設者であるイーロン・マスク氏は2月19日夜、人間の脳内に超小型デバイスを埋…
  2. トヨタ自動車は今夏にも、特定の条件下で人が運転に関わらない「レベル4」の自動運転サービスを始める予定…
  3. 第4回ライティングコンテスト佳作
    東京報道新聞 第4回ライティングコンテスト 佳作受賞作品「様々な方面から見るAIの近未来」(ライター…

過去よく見られている記事

  1. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏

    2024-2-6

    受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏が青森刑務所で受刑者へ伝えた想い

    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  2. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様

    2024-2-4

    協力雇用主として出所者の再スタートを支援する有限会社ローズリー資源の挑戦

    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
  3. 新宿矯正展

    2023-8-30

    新宿矯正展とは?刑務所で作られた製品が多数販売!主催の府中刑務所についても紹介

    2023年8月3日(木)〜9日(水)にかけて、およそ3年ぶりに新宿矯正展が開催されました。現地の様子…

【結果】コンテスト

東京報道新聞第4回ライティングコンテスト (結果発表)

【PR】宮崎伸治氏

宮崎伸治氏の『聖書英語なぞるだけ 増補版』と『フランス語聖書なぞるだけ』出版記念トークショー&サイン会のPR画像

インタビュー

  1. 青森県で協力雇用主として出所者の社会復帰を目指して雇用する企業「有限会社松竹梅造園」代表の渡辺精一様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解したうえで就職先として受け入れる…
  2. 青森刑務所で受刑者に講和を行った受刑者等専用の求人誌「Chance!!」編集長・三宅晶子氏
    三宅晶子氏(株式会社ヒューマン・コメディの代表取締役)は、日本初の受刑者等専用求人誌「Chance!…
  3. 青森県で協力雇用主をしている有限会社ローズリー資源の代表取締役の田中桂子様
    協力雇用主とは、犯罪や非行をした者の自立や社会復帰に向けて事情を理解した上で就職先として受け入れる、…
ページ上部へ戻る